育種家・林慎悟(右)と、何種類ものぶどうが生い茂る林のぶどう畑で。林が10年かけて開発した「マスカットジパング」は今、大人気の品種だ。「たとえば育種家が醸造家へ苗木を無料で配布し、ワイン1本につき50円ほどのロイヤリティを得る方式にすれば、双方にメリットが生まれます」と大岡は語る
PHOTOGRAPH BY MASAHIRO GODA
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 季節の食材で作るワインに合うレシピを紹介 平野由希子の日本ワインと料理の幸福な食卓 読者アンケート

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.