丹澤 修さん。中学・高校・大学とラグビーチームで活躍してきた元ラガーマン。興隆園を営み、2ヘクタールの畑を奥様とアルバイト君の3人で手がける。現在、トライしているのは桃の有機栽培。病気をしない、虫がつかない木を育て、土づくりをし、再来年にその畑だけ有機栽培にするべく奮闘中。「有機栽培の桃を一度、味わってみたいんです。今の桃よりおいしかったら、有機栽培に変えていくことも考えたい。それほど味が変わらないのであれば、高額になるより、適切なお値段でお客様に楽しんでもらいたいので、特別栽培のままでいいと考えています」

PHOTOGRAPH BY OGOTO WATANABE
記事本文に戻る

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.