オルゴールが組み込まれた非常に稀少なリングで、19世紀後半に制作されたもの。花モチーフに隠された歯車を回転させると音が鳴る仕組み。リングの肩の部分には男性と女性のカリアティード(人像柱)があしらわれている。オルゴールは18世紀後半、ジュネーブで発明された。当時、楽器を演奏できない人が音楽を聴くための唯一の手段であり、非常な人気を博した。1802年、スイス出身の時計職人、アイザック=ダニエル・ピゲが、このオルゴールの装置をさまざまなジュエリーに取り入れた。ガストゥはさまざまな芸術家たちがつくる指輪にも関心を抱き、優れた審美眼をもって蒐集した

PHOTOGRAPHS BY BENJAMIN CHELLY
記事本文に戻る

人気記事

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Women's Fashion

March 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.