ギャラリーの壁の向こうは時を超えた世界だ。そこでは過去の亡霊たちが階段のあたりをさまよっている

BY CHRISTINE COUSIN, PHOTOGRAPH BY NICHOLAS CALCOTT, TRANSLATED BY MIHO NAGANO

画像: 注目をさらう脇役 舞台裏には別種の マジックがある。そこは美術館の2,200人の従業員が、値段がつけられないほど貴重なコレクションの世話をする場所なのだ

注目をさらう脇役
舞台裏には別種の マジックがある。そこは美術館の2,200人の従業員が、値段がつけられないほど貴重なコレクションの世話をする場所なのだ

 3年前のある月曜日、私は小学校1年生の息子のクラスの生徒たちのために、メトロポリタン美術館の見学会を企画した。当時、美術館は月曜が休館日だったのだ。私も付き添いで館内を回った。ある場所で、ガイドが子どもたちに一枚のルノアールの絵画を見せて彼らの興味を引こうとした。シャルパンティエ夫人の娘たちのひとりが犬の上に座っているのを描いた絵だ。いいアイデアではあったが、その作戦は〝ランプ係〞がやってきたことで完全におじゃんになった。メトロポリタン美術館の隠語で、〝ランプ係〞は電球を替える人を指す。おそらく、オイルランプが 使われていた時代の名残なのだろう。彼はアコーディオン状に伸びる移動クレーンを操作し、約5メートル半の高さの天井まで上がっていった。ルノアールに勝ちめはない。子どもたちは、重力をものともしないマシンのとりこになってしまった。「お母さん、あの人のこと知ってるの?」と息子は私に小声でささやいた。「まあね」と答えたそのときには、まさかそのひと言で私が有名人になるとは思いもよらなかった。「うちのお母さあの男の人のこと知ってるんだって!」と息子がクラスメートたちに叫ぶと、その声はがらんどうのギャラリーじゅうに響き渡った。私はあのときほど憧憬のまなざしで見られたことはない。

 あの日、息子と彼の同級生たちが目にしたのはメトロポリタン美術館の知られざる部分だが、そこには独自の魔力が宿っている。それはギャラリーの壁の向こう側に存在するメトロポリタン美術館のもうひとつの世界であり、そこではスタッフたちが『ダウントン・アビー』に出てくる召使いたちのようにトンネルや廊下を動き回っている。過去の亡霊たちもまた、そこに眠っているのだ。

 私は今、この美術館の館長のチーフ・アドバイザーという役目を担っている(館長のスピーチ原稿を書いたり、アンバサダー役を務めたり、いろいろな段取りをつけたりといった仕事だ)。ここで働いてきた22年の間に、ギャラリーに魅了されるのと同じぐらい、この秘められた空間と、そこで働く人たちのことが大好きになった。一見すると、裏側の空間はごく機能的だ。美術館の紙袋を入れた箱を積み上げたり、未使用の輸送用木箱を貯蔵したり、チキンサラダの大きな桶を一般客のカフェテリアから従業員専用カフェテリアに運んだりする場所として。だが、そこは同時に、人々からはほとんど見えず、注目されることもない英雄たちの領域でもある。

 

This article is a sponsored article by
''.