両親のDNAをコピーして誕生する人間そのもののオリジナリティを問う作品も登場。ジリアン・ウェアリングのアルバムシリーズは、作家自らが古い家族写真に基づき、父と母に変装して撮影した肖像写真。床に置かれたアルミニウムコーティングされた大量のペプシ缶はカアリ・アップソンの作品。東ドイツからアメリカに移住した母の愛したペプシ缶をモチーフにしている
The Artist is Present, Shanghai 2018 Exhibition View
COURTESY OF GUCCI
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.