アルカレーはニューベッドフォードのスタジオに戻ると、収穫した植物を並べる。地元のクランベリー、ローズヒップ、ハイビスカス、ラズベリー、ベイエンドファーム特産のビート。そして、ダートマスにあるアルカレー家が所有する11エーカーの湿原で摘んできた野生のバラ。「そこはまったく人の手が加えられていない原野で、自然の潜在力がはっきりと見てとれます」とアルカレーは言う
PHOTOGRAPH BY GABRIELA HERMAN
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 高木教雄の時計モノ語り

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.