ヴェロニク・ニシャニアン

1988年からメンズ・プレタポルテを手がける。彼女のアトリエはフォーブル・サントノーレ通りにある。
「エルメスの服を着る男性は、美とは何かを心得ているわ。真にいいものは何かを知っていて、教える必要もない。だからこそ私たちは何らかの意味があるアイテムを作らなければならないの。単にルックの一部ではなく、それだけでストーリーが完結するように。すべての服には人生がある。それが永遠に続くよう願っているわ」
PHOTOGRAPH BY OLIVER METZGER
記事本文に戻る

人気記事

連載「歌舞伎への扉」 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 高木教雄の時計モノ語り ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.