パリと上海のスタジオからデザインを発信し、“MADE IN EARTH”をコンセプトとしてファッションと自然との調和を探求する注目のブランド「アイシクル」が、この秋日本に初上陸。その唯一無二なブランドの魅力に迫る

BY T JAPAN

 ヨーロッパの感性とアジアの哲学を融合させ、人と自然との調和という視点でファッションを追求するブランド「アイシクル(ICICLE)」。1997年に上海で設立され、2019年にはパリにフラッグシップストアを開店。今年の12月にはパリ3店舗目となるフォーブルサントノーレ店のオープンを控え、さらに中国全土ではすでに275店舗を展開している。地球環境に配慮した生産体制を採用し、資源の活用、高品質の天然素材や無染色の生地、植物由来の染料の使用など、サステナビリティ実現のための取り組みを一貫して行なっている注目のブランドだ。

画像: (左)ジャケット¥108,900、パッデッドベスト、パンツ、シャツ、靴(すべて参考商品) ショートジャケットが主役のアクティブな着こなしは、ベージュのワントーンでまとめることで洗練の極みに (右)コート¥161,700、ドレス¥100,100・パンツ¥73,700、靴(参考商品) ロング&リーンなシルエットの3つのアイテムを重ねた、知的な大人の余裕を感じさせるコーディネート

(左)ジャケット¥108,900、パッデッドベスト、パンツ、シャツ、靴(すべて参考商品)
ショートジャケットが主役のアクティブな着こなしは、ベージュのワントーンでまとめることで洗練の極みに

(右)コート¥161,700、ドレス¥100,100・パンツ¥73,700、靴(参考商品)
ロング&リーンなシルエットの3つのアイテムを重ねた、知的な大人の余裕を感じさせるコーディネート

 過剰さを排除したエレガントかつシンプルなデザインで、上質な素材から生まれたアイテムの数々は、ラグジュアリーで心地よい日常を彩ってくれる。そんな待望のアイシクル日本第一号店が、この秋ついに阪急うめだ本店にオープン。天然素材で作られた服が人をやさしく包み込むイメージを表現した“Earth Shelter”を今シーズンのテーマに掲げ、満ち足りた大人のための究極の一着に出会う空間が誕生した。

画像: アイシクル 阪急うめだ本店 PHOTOGRAPHS:COURTESY OF ICICLE

アイシクル 阪急うめだ本店
PHOTOGRAPHS:COURTESY OF ICICLE

問い合わせ先
アイシクル 阪急うめだ本店
TEL. 06(6313)0905
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.