「吉兆のだし」に使われるのは本枯鰹節と昆布。本枯鰹節とは、鰹を煮て燻し、天日干しをして3~4回カビ付けをしたもの。羅臼の昆布とともに稀少品だが、「にんべん」のルートで入手可能となったとか。手軽なだしが“本物の味”になるために選ばれた貴重な素材だ
COURTESY OF KYOTO KITCHO
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 季節の食材で作るワインに合うレシピを紹介 平野由希子の日本ワインと料理の幸福な食卓 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.