《商人七福神 蛭子》豊原国周(味の素食の文化センター蔵)

四世中村芝翫が扮するのは粋な江戸っ子という風情の日本橋・魚河岸の若い衆。一日千両の大金が落ちたという魚河岸は江戸の食文化の要だった
記事本文に戻る

This article is a sponsored article by
''.