アリゾナ州の「州の木」であるパロ・ヴェルデの 2本の木が植えられた自宅の前に立つパスク。

中央は巨大なサワロ・サボテン

PHOTOGRAPH BY STEFAN RUIZ


 アリゾナ州のツーソンという街は、広大な砂漠と、日干しレンガでできた家並み、どこかアールデコっぽい、土色のダウンタウンでできあがっている。だが、市街の一部を囲むようにそびえるサンタカタリナ山脈の裾野に建つ一軒は、少し趣が違っている。その家は、この土地独特のテイストを巧みに採り入れながら、サウスウェスト風の建築の荒削りな魅力を前面に打ち出している。その一方で、1920~30年代に流行したインターナショナル・スタイルの教科書からそのまま抜け出たような、モダニズム建築の粋を凝らした手法で地元の建築物とは一線を画しているのだ。


「この建物は、土地のエッセンスを表現しながら、今までの焼き直しには陥っていない」

と語るのは、この家の主であり、舞台デザイナーのスコット・パスクだ。


「アリゾナにいることを十分感じられると同時に、よくある日干しレンガの家じゃないところがいいんだ」





地平線

スコット・パスクのツーソンの自宅には、ぱっと目を引く劇場のセットのような仕掛けが施されている。たとえばこのヴィンテージのナバホ族の絨毯と、アンティークのサヴォナローラ・チェア(X型をした木製の折りたたみ椅子)が、白いモルタル加工のブロック壁とチーク材の壁に囲まれている光景が一例だ。床はコンクリートで固められている




 パスクはブロードウェイで多くの業績を残してきた。50以上の舞台デザインを担当し、『ブック・オブ・モルモン』などの作品で、トニー賞を三度受賞した。本拠地はイーストビレッジのアパートだが、アリゾナは彼が育った故郷だ。彼と、彼の双子の兄弟で「バーグドルフ・グッドマン」のメンズのファッション・ディレクターを務めるブルースは、ともにユマで育ち、スコットはツーソンの大学で学んだ。ツーソンという街にたちまち魅せられた彼は、長いこと、ここに帰ってきて家を建てたいと願い続けてきた。


「ここの風景はゴツゴツしていて荒れ果て、まるで抽象画のようだ」

とパスクは言う。


「ここにいないときでも、僕はいつもこの風景のことを考えてしまう」





キッチンの床は、もともと使われていたレンガに再仕上げを施した。

カウンタートップにパスクが選んだのは、磨き抜かれたメキシコ産のトラバーチン。

貯蔵庫の棚は、濃い色の羽目板のドアの後ろに隠されている。

コンロはドイツのキッチン器具メーカー、ガゲナウのもので、

キャビネットにはチーク材を使用