伊藤若冲をはじめとする江戸絵画のコレクターとして知られるエツコ&ジョー・プライス夫妻。そのコレクションが、出光美術館へと売却された。稀代のコレクター夫妻が絵画収集にかけた思いとは?

BY JUN ISHIDA

 2019年6月、日本美術に関するあるニュースが報じられた。出光美術館が約190点のプライスコレクションを購入した――この知らせは美術関係者のみならず、広く一般の人々にも関心をもって受け止められた。

 プライスコレクションとは、アメリカのエツコ&ジョー・プライス夫妻が所有する江戸絵画を中心とした美術コレクションだ。プライス夫妻は世界一の伊藤若冲のコレクターとして知られ、日本における若冲ブームを巻き起こした人物でもある。2006年に東京国立博物館で開催された『プライスコレクション「若冲と江戸絵画」』は、その年の一日における観客動員数世界一を記録した。また、東日本大震災の後には、被災地の助けになればという思いから、宮城、岩手、福島の美術館で巡回展『若冲が来てくれましたープライスコレクション江戸時代の美と生命ー』(2013年)を催した。今回、出光美術館が購入した作品の中には、この展覧会でも中心的な役割を果たした若冲の《鳥獣花木図屛風》も含まれる。

画像: 若冲作品の中でも夫妻の思い入れが特に強い《鳥獣花木図屛風》 伊藤若冲 六曲一双 紙本着色 江戸時代18世紀 所蔵:出光美術館

若冲作品の中でも夫妻の思い入れが特に強い《鳥獣花木図屛風》
伊藤若冲 六曲一双 紙本着色 江戸時代18世紀
所蔵:出光美術館

《鳥獣花木図屛風》は夫妻にとっても特別な作品だ。エツコ夫人は、震災の特別報道番組を見た夜は身体の震えが止まらず、倉庫から《鳥獣花木図屛風》を出し眺めているうちに屛風の前で大泣きしたという。「鳥獣花木図は、うれしいときも悲しいときも私どものそばにあり、心をともにしてきました。言葉を必要としない世界、ひとりでいても寂しくならない楽しい世界、あなたはひとりぼっちではないですよ、と語りかけてくれる屛風です」(エツコ夫人)。なぜ夫妻は、この屛風をはじめ、「心のよりどころ」というコレクションを手放したのだろうか? コロナ禍のもと、ロサンゼルスの自宅にこもるエツコ夫人が語ってくれた。

画像: エツコ & ジョー・プライス夫妻(ETSUKO & JOE PRICE) ジョー・D・プライスは1929年アメリカ・オクラホマ州生まれ。石油パイプラインの会社を経営する父を手伝うために、大学では機械工学を専攻。エツコ・プライスは鳥取県生まれ。’66年にジョーと結婚。’80年、二人は若冲の画号から名をとった財団「心遠館」を設立 PHOTOGRAPH BY YOSHI OHARA

エツコ & ジョー・プライス夫妻(ETSUKO & JOE PRICE)
ジョー・D・プライスは1929年アメリカ・オクラホマ州生まれ。石油パイプラインの会社を経営する父を手伝うために、大学では機械工学を専攻。エツコ・プライスは鳥取県生まれ。’66年にジョーと結婚。’80年、二人は若冲の画号から名をとった財団「心遠館」を設立
PHOTOGRAPH BY YOSHI OHARA

こだわったコレクションの売却条件

 今回、コレクションは夫妻の希望によりプライベートセールという形で売買された。仲介役を担ったクリスティーズジャパンの山口桂社長は、当時のことを振り返る。「最初にプライスさんから話があったのは2015年のことでした。プライベートセールとは、オークションにかけず、相対で作品を取引するものです。夫妻の希望は、“190点の作品をまとめて購入する日本の公的な機関”というものでした。一般の人が作品を鑑賞できること、そして研究者が自由に見られることも条件でした」

 一般公開と学術的研究は、プライス夫妻が拠点とするロサンゼルスでも成し遂げようとしたことだ。夫妻は自己資金と寄付をもとにロサンゼルス・カウンティ美術館に日本館を新設し、約600点のコレクションを寄贈、日本美術の教育・研究のための施設も備えるという壮大なプロジェクトを進めていた。しかし、日本館自体は1988年に完成したものの、美術館側のコレクションに対するぞんざいな扱いやプライス夫妻の関与を排除する動き、そして夫人への人種偏見的な振る舞いがみられたことから、夫妻は1980年以前に購入した190点の寄贈のみにとどめた。

画像: 動物はジョー氏が好んで集めたモチーフの一つだ (写真左)《竹梅双鶴図》 伊藤若冲 一幅 絹本着色 江戸時代18世紀 (写真右)《虎図》 円山応挙 一幅 絹本着色 天明5年(1785年) 所蔵:出光美術館

動物はジョー氏が好んで集めたモチーフの一つだ
(写真左)《竹梅双鶴図》 伊藤若冲 一幅 絹本着色 江戸時代18世紀
(写真右)《虎図》 円山応挙 一幅 絹本着色 天明5年(1785年)
所蔵:出光美術館

「もともとは江戸絵画が一般の人々に愛される文化になってほしい、そして、日本という国をよりよく理解してほしい、という願いから行ったものです。私としては、日本の文化と技術の高さを理解してもらい、日本人に対する偏見や差別をなくしたい、という気持ちもありました」(エツコ夫人)

 

This article is a sponsored article by
''.