イタリアン・デザインの流れを静かにーーしかし、果敢に変えたカルロ・スカルパの軌跡

BY NANCY HASS, TRANSLATED BY ASAHI INTERACTIVE

画像: 1978年当時のスカルパ PHOTOGRAPH BY LINO BETTANIN/CISA A. PALLADIO/REGIONE VENETO

1978年当時のスカルパ
PHOTOGRAPH BY LINO BETTANIN/CISA A. PALLADIO/REGIONE VENETO

 20世紀半ばのイタリアは、世界でもずばぬけて豊かなデザインと建築を生み出した。その特徴は真っ白な色と冷たいスチール、そして光沢のある色とりどりのプラスチック。なかでも魅力的だったのは、人々に愛され続けてきたイタリア古代の歴史に晴ればれと別れを告げた、その潔さだ。ジ オ・ポンティは1958年、スリムなピレリ・タワーでミラノの景観を様変わりさせた。家具メーカーのカッペリーニとカルテルは、「リニア・イタリアーナ」と呼ばれるスタイルの、フェリーニ的な斬新さを方向づけた。

 そこへ登場するのがカルロ・スカルパだ。ほかのモダニストたちが過去を投げ捨てたのに対し、戦後から1970年代の末にかけて彼が手がけたのは、過去を深く敬いつつ変容させた作品だった。スカルパの建築は、当時の無遠慮で派手な作風に対する解毒剤だった。これ見よがしの人工的な華やかさに、自然な繊細さで対抗した。個人の邸宅や公共の建物をいくつか一(いち)から建てたこともあるが、評判を呼んだのは何百年も前からあった美術館の改築だ。ほかの建築家なら、過去による制約が大きすぎるからと目もくれないような仕事だった。修復の過程で彼が描いたのは、歴史を尊重しながら、それを超えていくためのロードマップ。フランク・ロイド・ライトをこよなく愛し(ライトもまたスカルパを絶賛した)、モンドリアンやアルバース、ロスコ、ヨーゼフ・ホフマンからも着想を得た。

 日本を何度も訪れ、木材とコンクリート、錆びた金属、トラバーチンにガラスなど有機的な素材と無機的な素材の融合を、欧米で流行するより何十年も前から取り入れた。細部に強くこだわり、ねじやヒンジから手作りすることもあった。フィリップ・ジョンソンがかつて指摘したように、「ほんの小さな棒切れや石のかけらも詩にしてしまう」こともできた。友人の建築家、ルイス・カーンはスカルパについて書いた詩の中で、緻密な作業で形を工夫する彼の力を称賛し、「ディテールは自然への崇拝だ」とつづった。スカルパの没後40年近くたった今も、ミニマリスト的な家具や比類なきガラス細工など、寡作ながら強烈な作品の数々は、制作当時と変わらない破壊的な簡素さで見る者の心を打つ。

画像: ヴェローナにあるポポラーレ銀行の漆喰の壁。スカルパはブロックを組み合わせたような幾何学的な形が好きだったことがうかがえる PHOTOGRAPH BY VACLAV SEDY/CISA A. PALLADIO

ヴェローナにあるポポラーレ銀行の漆喰の壁。スカルパはブロックを組み合わせたような幾何学的な形が好きだったことがうかがえる
PHOTOGRAPH BY VACLAV SEDY/CISA A. PALLADIO

 

This article is a sponsored article by
''.