(左から)ボイトラー、ユナイテッドアローズ上級顧問の栗野宏文、テキスタイルメーカーNUNOのデザインディレクター須藤玲子、司会の杉山ハリー。栗野はユナイテッドアローズが行っている「リ・ストア&フリー・ユナイテッドアローズ」、「東北コットンプロジェクト」などの取り組みを紹介。須藤は生地の残布を再利用し、新しいテキスタイルを作る自身のプロジェクトを説明した
COURTESY OF KERING
記事本文に戻る

T JAPAN webメルマガ会員限定!
Amazonギフト券1万円分プレゼント

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.