だしのとり方

1. 大きな鍋にたっぷりと水を張り、昆布を入れ、2、3時間おいてから火にかける。約1時間65°Cくらいに保つ。海から引き揚げ、天日乾燥させた昆布は、ヨード臭が抑えられ、香気成分が飛躍的に高まるそうだ。長期熟成させた昆布を用いると、さらになだらかで含みのある、複雑かつおだやかな香りになる。「時間を経過したものには、香りに奥行きが出ます」と高橋さん
PHOTOGRAPH BY TERUO UKITA
記事本文に戻る

人気記事

高木教雄の時計モノ語り 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2021

購読申込

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.