平田シェフによる肉の前菜「親密な風景」。フランス料理のコースに漆の椀が新鮮だ。ペアリングされたのは大きな片口から平盃に注がれた能登の地酒、数馬酒造の「竹葉」。「盃や椀で、いちばん敏感な唇に触れる漆の感触と日本酒、料理のマリアージュを楽しんでいただければ」と赤木さん
PHOTOGRAPH BY JUNKO ASAKA
記事本文に戻る

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.