サスエ前田店 5代目店主の前田尚毅さん

前田さんは、干物づくりに鮮度のよい、刺身で食べる魚を使う。“食感と旨みを引き出す技”は干物にも遺憾なく発揮されている。「朝獲れの魚を天日干しにすることで、味わいが凝縮して、従来の干物とは違ったおいしさになります。干し方から塩の塩梅まで、うちならではのやり方に新たな技術を加えて作っています。普通の干物より旨みの水分を保って干し上げているので、長くはもちません。せいぜい4日間くらいでしょうか」
COURTESY OF SASUE MAEDA
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2024

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.