数多くの刺激的な作品で知られる写真家、ヘルムート・ニュートン。彼の創造力の源となった女性たちへのインタビューを通して、写真に対する情熱、妻への愛など、彼の新たな一面を発見できる映画『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』が公開される

BY KYOKO HIRAKU

 ヌード、男装の麗人、男と女が織りなす背徳のワンシーン。ヘルムート・ニュートンは2004年に84歳で亡くなるまで、生涯一貫してヨーロッパ的な頽廃の薫りのする世界を撮り続けたファッションフォトグラファーだ。本作は、ニュートンの生誕100年を記念して今年製作されたドキュメンタリー作品。主に1970~80年代に彼の被写体となった女優やスーパーモデルなど、ニュートンをインスパイアした12人の女性たちが撮影の内幕と、ニュートンという写真家がどんな人物だったかを赤裸々に語ってくれる。

画像: ARENA, MIAMI, 1978 © FOTO HELMUT NEWTON, HELMUT NEWTON ESTATE COURTESY HELMUT NEWTON FOUNDATION

ARENA, MIAMI, 1978 © FOTO HELMUT NEWTON, HELMUT NEWTON ESTATE COURTESY HELMUT NEWTON FOUNDATION

 彼の写真の中で全裸をさらけ出している女優のシャーロット・ランプリングはニュートンとの共同作業を誇り高く振り返り、娼婦に扮したイザベラ・ロッセリーニは「男性優位の文化を暴くニュートンの写真は面白い」と分析し、余裕をみせる。ドイツ表現主義の影響を指摘するのは、60年代にミック・ジャガーの恋人だったマリアンヌ・フェイスフル。映画の後半では、ベルリン生まれのニュートンの軌跡をたどり、長年連れ添った妻のジューンの存在がどれほど大きかったかがプライベートな映像とともに明かされていく。

画像: モンテカルロの自宅でのニュートンをとらえた、妻のジューン・ニュートン撮影によるショット。彼女はアリス・スプリングスという、地元オーストラリアの町の名前で写真家として活動 HELMUT AT HOME, MONTE CARLO, 1987 © FOTO ALICE SPRINGS, HELMUT NEWTON ESTATE COURTESY HELMUT NEWTON FOUNDATION

モンテカルロの自宅でのニュートンをとらえた、妻のジューン・ニュートン撮影によるショット。彼女はアリス・スプリングスという、地元オーストラリアの町の名前で写真家として活動
HELMUT AT HOME, MONTE CARLO, 1987 © FOTO ALICE SPRINGS, HELMUT NEWTON ESTATE COURTESY HELMUT NEWTON FOUNDATION

 彼自身は作品のイメージとは異なり、いたずらっ子のような大人だったのは意外な発見。彼のスキャンダラスな作品を今、改めて見るとどう感じるか。自分の価値観を再認識する機会としても興味深い映画だ。

画像: 映画『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』予告編 © 2020 LUPA FILM / MONARDA ARTS / ZDF www.youtube.com

映画『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』予告編
© 2020 LUPA FILM / MONARDA ARTS / ZDF

www.youtube.com

『ヘルムート・ニュートンと12人の女たち』
12月11日(金)よりBunkamura ル・シネマ、新宿ピカデリーほか全国順次公開
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.