金箔の彫刻から版画、ぬいぐるみまで―― 現代美術家・村上 隆の“お花モチーフ”作品で彩られた世界初のゲストルームが「グランド ハイアット 東京」に登場。食から“お土産”まで、全方位的に村上アートを満喫できる

BY MASANOBU MATSUMOTO

 客室エントランスの両壁には、「あうん像」のように二対になった絵画が飾られ、さらに客室に足を踏み入れると、お花モチーフのラグや絵文字とお花を融合させた平面作品、そして金箔で装飾された“お花の親子”の彫刻が目に入る。すべて現代美術家、村上 隆の作品だ。「グランド ハイアット 東京」は村上 隆とコラボレーションし、彼の代表的シリーズである“お花”モチーフの作品を客室に展示。このいわば村上の“プライベート・アート・ギャラリー”に宿泊できる特別プランを1泊1組限定で開始した。

画像: リビングルームを有する約120平米の「チェアマンスイート」に作品を設置。右に見える《お花のEMOJI》は、文字通り、お花と絵文字スタンプを組み合わせた新作

リビングルームを有する約120平米の「チェアマンスイート」に作品を設置。右に見える《お花のEMOJI》は、文字通り、お花と絵文字スタンプを組み合わせた新作

画像: エントランスに飾られた《STAND UP》(写真左)、《With Baby Flower》(写真右)。琳派風な金とプラチナ箔の背景に、カラフルに彩られた“お花の親子”が宿泊者を出迎える

エントランスに飾られた《STAND UP》(写真左)、《With Baby Flower》(写真右)。琳派風な金とプラチナ箔の背景に、カラフルに彩られた“お花の親子”が宿泊者を出迎える

 飾られている作品は14点。うち10点が新作だ。村上本人が客室に合わせて作品を構想し、また展示位置も自らが決めたという。コンセプトは“村上作品のコレクターの部屋”。美術館やギャラリーとはまた違う、リラックスしたスペースで作品をより身近に味わえる。ゲスト用のトイレのなかには、便座に座るお花の子どもをモチーフにした《Puuuu》を配置したり、ベッドには、人間サイズの《お花の親子のぬいぐるみ》を寝そべらせたりと、遊び心溢れる演出も楽しい。

画像: (写真左)村上がこの部屋のために新たに制作した、“お花の親子”の彫刻《お花の親子といっしょ》。宿泊者だけが楽しめるセルフィースポットでもある (写真右)ゲスト用のトイレには、トイレに座るお花の子どもをモチーフにした《Puuuu》が飾られている

(写真左)村上がこの部屋のために新たに制作した、“お花の親子”の彫刻《お花の親子といっしょ》。宿泊者だけが楽しめるセルフィースポットでもある
(写真右)ゲスト用のトイレには、トイレに座るお花の子どもをモチーフにした《Puuuu》が飾られている

画像: ベットルームにも、お花の親子の作品を設置。ベッドには、お花の親子のぬいぐるみが寝そべる

ベットルームにも、お花の親子の作品を設置。ベッドには、お花の親子のぬいぐるみが寝そべる

 ただ、ここで体験できるのは“見る”だけではない。ウェルカムスイーツや客室で提供されるディナーも、お花バージョンでアレンジ。オプションとして、お花モチーフのネイルサービスも受けられる。また宿泊者には1組1冊、村上のアートブック『©︎ TAKASHI MURAKAMI』がサイン入りでプレゼントされ、お花のマスクやマグカップが数量限定でお土産に。

画像: 宿泊者限定のお花モチーフのスイーツボックス。また宿泊者には、村上のアートブック『©︎ TAKASHI MURAKAMI』がサイン入りでプレゼントされる PHOTOGRAPHS: ©︎ 2021TAKASHI MURAKAMI/KAIKAI KIKI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

宿泊者限定のお花モチーフのスイーツボックス。また宿泊者には、村上のアートブック『©︎ TAKASHI MURAKAMI』がサイン入りでプレゼントされる
PHOTOGRAPHS: ©︎ 2021TAKASHI MURAKAMI/KAIKAI KIKI CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 

 コロナ禍により、美術館やギャラリーの閉鎖が余儀なくされた当時、村上自身、アートとのタッチポイント、新しいコミュニケーションの形を提案したいと思ったことも、今回のコラボレーションの背景にはあるそうだ。村上のお花モチーフは、現代アートに多くみられる難解な作品とは一線を画し、子どもから大人まで誰もが楽しめる。しかもそのほとんどが笑顔だ。ハッピーだけでなく、仏像的なアルカイックスマイルや日本人特有の“怖い笑顔”もあるとも本人は語っているが、村上のお花はカラフルな彩りと相まって、見る者の頬を緩ませる力がある。そんな楽しく幸福なモチーフが散りばめられた客室でのステイは、不穏なニュースが多い現代における最高の癒しになるだろう。

グランド ハイアット 東京
Roppongi Hills Takashi Murakami Project 村上隆 フラワーギャラリー ステイ
会期:〜6月1日(火)チェックアウト分(予定)
料金:¥450,000(1泊2名料金。追加料金は¥20,000/人<最大3名まで>、消費税・サービス料別)
予約方法:下記サイトより受付中
住所:東京都港区六本木6-10-3
電話:0120-088-188(ハイアット グローバルコンタクトセンター)
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.