チェーン系のブックショップが閉店していくなかで、「スリー・ライブス&カンパニー」は健在だ。ここは、いまも地域住人たちの典型的な溜まり場になっている

BY REGGIE NADELSON, TRANSLATED BY MASANOBU MATSUMOTO

 この連載は、作家のレジー・ナデルソンが、数十年にわたってニューヨークをニューヨークたらしめてきた老舗のレストランや無名のバーを再訪し、紹介するシリーズである。


 昨年の夏、グリニッチ・ビレッジで人々に愛されてきた書店「スリー・ライブス&カンパニー」がシャッターを閉めた。それを見た顧客たちは、喪に服すように悲しみに明け暮れた。西10丁目とウェイブリー通りの交差点の角に40年以上、店を構えてきたこの小さな書店は、“本当に本が大好きな文学的なスタッフがキュレーションする、気品があって心地よく、精神的な欲求を満たしてくれる理想の場所”というオープン当時から変わらぬ雰囲気をいまも残している。それが失われてしまったようで、そのニュースは人々の絶望の声とともに広まっていった。「自由で輝かしい日々を思い出させてくれるものは、もうグリニッチ・ビレッジに残っていない」という“いつもの会話”とともに。

画像: 西10丁目とウェイブリー通りの角にある書店「スリー・ライブス」は、1978年創業以来、作家やアーティストを魅了してきた PHOTOGRAPH BY CHRISTOPHER L. SMITH / COURTESY OF THREE LIVES & CO.

西10丁目とウェイブリー通りの角にある書店「スリー・ライブス」は、1978年創業以来、作家やアーティストを魅了してきた
PHOTOGRAPH BY CHRISTOPHER L. SMITH / COURTESY OF THREE LIVES & CO.

 しかしながら、それは少し誇張された情報だった。単にスリー・ライブスの建物の改修工事があり、1カ月間たらず店を閉めただけだったのである。私が、先日の日曜日の朝に訪れたときには、太陽の光が窓から差し込み、新刊を並べたディスプレイと蜂蜜色の木製の本棚や床を照らしていた。天井には、商品を見るのにちょうどいい明るさの古いガラス製の傘をしたランプがぶら下がり、床には可愛らしいピンク色のラグが敷かれている。そして、机の向こう側にはオーナーのトビー・コックスが立っていた。

「もともと本を売る仕事をしたかったんです」とコックスは言う。これは自分の仕事を愛している人に多いことだが、コックスは一度この仕事を離れ“出戻ってきた”人間だ。ブラウン大学を卒業した後、彼はしばらくの間(ブラウン大学のある)ロードアイランド州の書店で販売の仕事についていた。その後、出版社での仕事を探しに、ニューヨークにやってきた。グリニッチ・ビレッジに住んでいた彼の兄弟がスリー・ライブスの常連で、コックスもすぐに通いつめるようになった。そして、90年代からそこで働きはじめ、2001年に前オーナーからスリー・ライブスを購入した。

画像: 42年前にオープンした時とまるで変わっていないような、スリー・ライブスの店内 PHOTOGRAPH BY NINA WESTERVELT

42年前にオープンした時とまるで変わっていないような、スリー・ライブスの店内
PHOTOGRAPH BY NINA WESTERVELT

 店内の壁には、作家ガートルード・スタインの小さな写真がかけられている。しかし、店名は、スタインが書いた小説『Three Lives』(邦題:三人の女)と関係はなく、創業者の3人の女性の名前に由来したものだ。ジル・ダンバーとジェニー・フェダー、ヘレン・ウェブーーこの3人が1978年、7番街にこの店をオープンした。そして、83年に現在の場所に店を移した。当時のニューヨークは景気が悪く、グリニッチ・ビレッジも時代遅れでみすぼらしいエリアだった。周辺には書店がたくさんあり、人々は、今でいうスターバックスでたむろするように入り浸った。ただ、当時の書店ではめったにコーヒーや食べもの、お土産などは販売していなかったが。そこにあったのはたくさんの本、交遊、アイデア、そしておそらくセックスーー大勢の人が書店で出会った。

「ジルは57丁目の『ベティパーソンズギャラリー』で働いていました」とフェダーは当時を振り返る。「ヘレンと私は、グリニッチ・ビレッジの当時『ジェファーソン・マーケット』だった建物の隣にあった書店で働いていて、ヘレンは優れたグラフィックアーティスト、私も7番街にあるサークルレパートリー社でセットやコスチューム作りの見習いでもありました。いろんな人が店にやってきました。この周辺は、俳優や作家、出版関係者、アーティストなどもいて、ある種、共同体のようなものが出来ていました。当時、そういった芸術に関わるさまざまな人が一時的にこの店でも働いていて、それが店に独自のムードをもたらしていました。彼らの存在によってこの書店が出来ていったのです」。また、出版業界ととても近かったことも、この店にいい影響をもたらした、とも話す。

「“街角にある本屋”という概念も、私は気に入っています」とコックスは言う。「それはある種、どこか文明的な雰囲気がありながら、親しみやすい一面もあるーーそんなグリニッチ・ビレッジらしさを含意するからです。ここは、人々が本を買いに来る場所ですが、ときどき自宅の鍵を預けていく人もいます」

画像: エドワード・ホッパーが描いた《ドラッグストア》(1927年) BEQUEST OF JOHN T. SPAULDING. PHOTO © MUSEUM OF FINE ARTS, BOSTON

エドワード・ホッパーが描いた《ドラッグストア》(1927年)
BEQUEST OF JOHN T. SPAULDING. PHOTO © MUSEUM OF FINE ARTS, BOSTON

 この交差点には、歴史がある。1927年、画家のエドワード・ホッパーは、当時、薬局「シルバーズ・ファーマシー」だったこの建物を絵にしている。20世紀の最初の50年から60年、グリニッチ・ビレッジの大部分がまだイタリア人街だったとき、ここはイタリア食品店「アンジェロズ・マーケット」だった。通りの向かいには、ニューヨークで最も古いゲイバーのひとつ「ジュリアス」がある。1966年、ジュリアスでの“Sip-In”(註:当時、同性愛者へのアルコールの提供が禁じられており、法的状況を変えるため、LGBT団体が行なった一連のできごと)は、同性愛者による権利獲得運動の発端になった。スリー・ライブスの壁には、ジュリアスで映画『Next Stop, Greenwich Village』(1976年、邦題:グリニッチ・ビレッジの青春)の撮影が行われたときに撮られた俳優のアンソニー・パーキンスとクリストファー・ウォーケンの写真が掛けられている。また、数ブロックほど西にあるバー「ホワイトホースタバン」で撮影された詩人ディラン・トーマスの写真も飾られている。トーマスは、まさにそこでの過度な飲酒によって倒れ、死亡した。

 

This article is a sponsored article by
''.