数々の映画やドラマに出演する人気俳優であり、みずから立ち上げたブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVITY」ではディレクターを務め、日本の手仕事や、その職人たちを応援する活動も積極的におこなっている。井浦 新は、およそひと言では語れないほど、多面的な顔を持つ人だ。


 キャリアのスタートは、20歳のときに始めたモデル活動にさかのぼる。ファッションの世界に触れていくうちに、やがて服づくりに興味を持つようになり、ブランドを設立。それとほぼ同タイミングで是枝裕和監督から声がかかり、映画『ワンダフルライフ』に主演し、役者としての歩みを本格的に始動させた。


「映画出演の話は本当に突然だったので、僕の中で役者という意識はまったくなくて、最初はちょっとした記念みたいな感じだったんです。それが20年近くも続いているわけですから、面白いですよね。振り返ると、監督をはじめ、共演者やスタッフとの出会いが本当に大きかったと思います。そうした出会いを通じて、演じることの難しさや楽しさを知り、人に対して関心を持つようになり、自分ひとりでは間違いなくたどり着かなかったであろう世界を見ることができました。特に是枝裕和監督と若松孝二監督との出会いは大きかったです。僕はこのお二人によってつくられたといっても過言ではありません。お二人の演出が自分にとってのベースになっていて、そのうえでさまざまな監督のもとで学びながら、とりあえず目の前の1本に集中して取り組むことで、何とかここまでやってきました」


 ここ数年はオファーが引きも切らず、映画にドラマにと出演作が相次いでいる。その人気のワケは、やはり役者としての圧倒的な存在感にあるだろう。たとえそれがどんな役であっても、この人が画面に現れるだけで何かが起こりそうな気にさせてくれるのだ。最新作は3月17日に公開される『ニワトリ★スター』。監督からは、かつて見せたことのない井浦新の新境地を求められ、現場自体はかなり破天荒だったそうだが、当の本人は役作りに対して驚くほどフラットで自然体。大仰に構えることがない。






「お芝居って、数式みたいに100%の正解がないんです。監督の指示は当然ですが、カメラの動きだったり、共演する役者さんの演技だったり、いろんなものから影響を受けてできあがっていくものだから、狙ってやってもうまくいかない。自分から何か意図的にやろうとすると、たいてい失敗します。表現って、いかに純度の高いものを生み出していけるかが面白さであって、それがいちばん大事だと思うんです。作り手の生き方とか考え方とか、いろいろなものが混ざり合って、それをぎゅっと絞ったときに出てくるその一滴が純粋な表現だと思うんですけど、そこに意図や狙いが入り込むと途端に不純物が出てきてしまう。頭で組み立てたことをやるのではなく、意識と無意識の狭間というのか、現場で何かが生まれようとしているその瞬間にどれだけ反応できるかだと思います。言ってしまえば、出たところ勝負です。目の前に来たものをとにかく必死に打ち返す。その繰り返しが、ありがたいことにたまたま伝わっただけであって、僕自身やっていることはずっと変わらないんです」