「バインミー」。ベトナム語でパンを意味し、サンドイッチのことも同様に呼ぶ。数年前まで日本では聞き慣れない言葉だったが、最近よく耳にするようになった。ベトナム特有のフランスパンに、パテやハム、目玉焼きなどの具材と野菜の甘酢漬け、香菜などのハーブをはさんだサンドイッチ。屋台で売られる、ベトナムB級グルメの代表格だ。東京にも専門店が数店オープンし、バインミー愛好者が増えてきた。かくいう私もそのひとり。


 小田急線祖師谷大蔵駅から徒歩約20分、世田谷通り沿いにバインミー専門店「アンディー」がある。特注のバケットに、できたての具材をはさんだバインミーが8種類。ベトナムコーヒーや珍しいアーティチョークのお茶、焼き菓子も。1階のテイクアウトコーナーで注文すれば、そのたびに具材を作ってパンにはさんでくれる。


 2階に上がれば、赤い椅子やグリーンにほっとするコジーな空間。女子好みの空間と思いきや、意外に中年男性も多い。



「アンディー」店内の壁の絵は、イラストレーターの及川キーダさん作。

イベントのライブペインティングで描いた、オリエンタル感あふれる作品が

2階のカフェの雰囲気をぐっと盛り上げている



 店主の島田孝子さんは20代半ば、アジア諸国を旅してベトナムに魅せられた。「ベトナムはとにかくおいしくて。もともとパン好きだったこともあって、バインミーがすっかり気に入りました。路上で食べるのに、おいしいコーヒーも一緒に飲めるっておしゃれだなあと」


 日本に戻ってからも何度もベトナムへ通った。バインミーはもちろんベトナム料理全般を習い、祖師谷大蔵に2013年、「アンディー」をオープンした。

 


オーナーの島田孝子さんはデザイン学校出身。

店の内装は基本的に友人の助けを借りてDIYで仕上げた



 ここのバインミーは、パンと具材、なます(にんじんと大根の甘酢漬け)のバランスが見事だ。パンはオリジナルで、バケット専門店に焼いてもらっている。表面はパリっと香ばしく、中はもちっとした食感。具材と一緒に食べよくするため、さくっとした歯切れのよさを追求した。パン職人に具材を食べてもらって、試行錯誤の繰り返し。「バインミーを食べたことのない方に、このサンドイッチを説明するのがとても難しくて」。しかし、ベトナムそのままの味にはしなかった。日本人が食べやすいよう軽さをキープしながらもっちり感を出してもらい、ようやく完成したときは、「これで店の味が決まった」と確信したという。


 写真の「牛肉とレモングラス」は定番メニューのひとつ。牛肉をフレッシュのレモングラスとヌクマム、オイスターソース、酒でマリネして炒める。切り目を入れたバケットに、大根と人参の甘酢漬け、牛肉、香菜をはさむ。パンをすこーしつぶして具材となじませてからひと口。さわやかな香りの中に、奥深い旨味と甘酸っぱさ、えも言われぬ香菜のパンチ力……。さまざまな要素が主張し合いながら、口の中に広がる。さっくりと歯切れのよいパンは、それらを受け止めながら一体化して消えていく。そうなるのは、パン、具材、なますの味と分量のバランスがよいからだろう。



定番の人気品「牛肉とレモングラス」のバインミー¥600。

野菜もたっぷり入ってヘルシー。

ここのバインミーはパンが売り切れ次第終了なので、

とり置きの予約をすることも可能



 東洋と西洋が混じり合った味。パンとヌクマムや香菜が合うなんて、このサンドイッチを食べるまで知らなかった。フランス統治時代に生まれた味覚だが、相手がおフランスだと屋台料理とはいえ、シャレて見えます。

 ほかに、「ハムと自家製レバパテ」「魚(サバ)とトマト」「ペッパージンジャーチキン」が定番。それと日替わりメニューが1種類。「おやつバインミー」と呼んでいるのは細長い小さめサイズで、緑豆あんバターなど甘いバージョン。ランチのデザートにこれを注文する人もいるとか。


 砧公園まで徒歩5分。この季節、テイクアウトして外で楽しむのもいい。ビールやワインにも合うので、今度、大人のピクニックとしゃれてみよう。




ăndi(アンディー

住所:東京都世田谷区砧3-4-2

電話:︎ 03(3417)3399

営業時間:10:00~16:00(パンがなくなりしだい終了)

定休日:木曜日

バインミー 各¥600、ベトナムコーヒー¥380

ほか蓮茶、アーティチョーク茶などもあり

公式サイト




「この店の、このひと皿。Vol.4」へ


「この店の、このひと皿。Vol.5」へ






  • 1