私の最新の絵本『チベタン・アイデンティティ』。表紙はチベットに存在するすべてのチベット人たちを描いた。広いチベットでは地域ごとに民族衣装も言葉も異なるのだが、彼らの輪の中央に「チベット」というチベット文字を描いた。文字はヒマラヤの幻の花、ブルーポピーで構成している。「チベット人であるとはどういう意味か?」という問いについて、世界各地で難民として暮らすチベット人の若者35人のエッセイが寄せられている。チベット難民とチベット内で苦しむチベット人を団結させているのは猊下の存在だ。それでも対立はあり、猊下の亡きあとに混乱が起こることが懸念される。この本が、彼らのアイデンティティを見つめ直すひとつの機会となり、誇りと団結につながることを願っている
COURTESY OF RIMA FUJITA
記事本文に戻る

T JAPAN web限定!
Amazonギフト券1万円プレゼント

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Design&Luxury

June 1, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.