テクノロジーの進化は私たちの生活を大きく変えたが、美容業界もまたしかり。かつて“近未来の夢”だったものを具現化したツールの開発者たちのインタビューをお届け

BY MIYUKI NAGATA, PHOTOGRAPHS BY JOHN CHAN

 ヘアスタイラーを髪に近づけると髪がクルクル巻きつき、あっという間に美しいカールができる――。まるでSF小説のように聞こえるかもしれないが、これらはすでに実用化され、日常に使われている技術だ。テクノロジーの進化は、美容のルーティンにも変化をもたらし始めている。新時代を築くビューティツールはいかにして生まれたのか。開発者インタビューの後編をお届けする。

 ウェアラブル美顔器という、まったく新しいカテゴリーを確立したのが「ヤーマン」のメディリフトだ。「美顔器を使うと効果があるのはわかっていても、面倒で続かない。そんな声から“つけるだけでケアできる美顔器”を目指しました」と開発を手がけた吉田は語る。なかでも男女問わず人気を集めるのが、年齢とともに目立つ目の下のたるみをケアする「メディリフト アイ」。「目の下のたるみの大きな原因は、目の周囲にある眼輪筋の衰え。この筋肉は眼窩脂肪をコルセットのように支えていますが、衰えると支えきれなくなって、たるみとなって現れます。だからこそ筋肉からケアすることが必要だと、私たちは考えているのです」。そこで前述の眼輪筋に加え、目尻を引き上げる側頭筋にも着目。電気による刺激で筋肉を運動させるEMSで、このふたつの筋肉を適切に鍛えていく。ヒーターを搭載し、温めながらケアできるのもこの製品の魅力。「温めたほうが筋肉はより動きやすくなりますし、何より温めると気持ちがいい。使い続けていただくために、心地よさは大切な要素です」。

画像: (上)メディリフト アイ¥28,000 目もとの美しさに重要な眼輪筋と側頭筋を効果的にトレーニング。日頃酷使しがちな目もとを温めるヒーター機能もうれしい (下)メディリフト ネック¥29,000(初夏発売予定) 多くの人が悩む首のシワにもアプローチする最新作 ヤーマン フリーダイヤル:0120-776-282

(上)メディリフト アイ¥28,000
目もとの美しさに重要な眼輪筋と側頭筋を効果的にトレーニング。日頃酷使しがちな目もとを温めるヒーター機能もうれしい
(下)メディリフト ネック¥29,000(初夏発売予定)
多くの人が悩む首のシワにもアプローチする最新作

ヤーマン
フリーダイヤル:0120-776-282

さらに首のシワや筋肉にアプローチする「メディリフト ネック」も新たに登場。「長時間のPCやスマホ使用により、緊張してこわばりがちな胸鎖乳突筋をEMSで動かします。同時に、シワが目立ちやすい首の前側は微弱電流で美容成分の浸透をサポートします。私たちは美容機器だからこそできるアプローチを、追究していきます」

画像: 吉田 誠(MAKOTO YOSHIDA) ヤーマン ブランド戦略本部所属。大学では生命工学を専攻。そこから美容や健康の分野に興味をもつ。5年間、開発設計部に在籍した後、商品企画に。「自由にものが言える雰囲気ゆえ、試作品を酷評されることも。開発チーム以外も商品愛がアツい人が多いですね」 PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

吉田 誠(MAKOTO YOSHIDA)
ヤーマン ブランド戦略本部所属。大学では生命工学を専攻。そこから美容や健康の分野に興味をもつ。5年間、開発設計部に在籍した後、商品企画に。「自由にものが言える雰囲気ゆえ、試作品を酷評されることも。開発チーム以外も商品愛がアツい人が多いですね」
PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

 

This article is a sponsored article by
''.