"住まいのかたち"を提案する 2013年「HOUSE VISION」で住友林業と杉本氏による"数寄の家"で発表した茶室、「雨聴天」千利休の「待庵」の写しとして設計され、屋根は古いトタン板。土壁は塗られておらず、竹小舞が露出している状態。これは会期終了後、解体され、小田原江之浦に建設中の杉本氏が主宰する文化施設、小田原文化財団への移築を意図したからである。奥に見える、竹箒を立てた簡素な垣根も杉本氏によるオリジナル
© SUGIMOTO STUDIO, COURTESY OF ODAWARA ART FOUNDATION
記事本文に戻る

人気記事

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Women's Fashion

March 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.