尾上菊之助(ONOE KIKUNOSUKE)

歌舞伎俳優。1977年生まれ。七代目 尾上菊五郎の長男。1984年に六代目 尾上丑之助を名乗り初舞台。1996年に五代目 尾上菊之助を襲名。2005年には蜷川幸雄演出による『NINAGAWA 十二夜』を実現し注目された。近年は『伽羅先代萩』の政岡など女方の大役を勤めるほか、『義経千本桜』の知盛など立役にも意欲的に取り組んでいる。新作歌舞伎でも大きな挑戦が続き、2017年『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』、2019年には宮崎駿原作の『風の谷のナウシカ』を通し狂言として上演し話題となった。「五月大歌舞伎」では、長男の七代目 尾上丑之助が『春興鏡獅子』胡蝶の精で共演
Ⓒ SHOCHIKU
記事本文に戻る
高木教雄の時計モノ語り 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2021

購読申込

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.