ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクター、トーマス・マイヤーが新たな試みに挑んだ。就任17年目にして、ニューヨークを舞台に繰り広げられた現代のラグジュアリーへの問いかけとその答え

BY JUN ISHIDA

 デザイナーが約3年周期で替わる現在のファッション界において、トーマス・マイヤーは稀有な存在だ。イタリアのラグジュアリー・ブランド、ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクターを務めて今年で17年目。ブランドのオーナーを兼ねるデザイナーを除いては、これだけ長くひとつのブランドを率いることができるデザイナーはごくわずかだ。
常に“新しさ”が求められるこの世界で、トップを走りつづけることは容易ではない。プレ・コレクション、リゾート・コレクションを含めれば年4回のコレクション(メンズ、ウィメンズを手がけるトーマスにとっては、合わせて8コレクション)で人々の目を惹きつけ、絶え間ないイベントやプロジェクトで話題を提供しつづけなければならない。

画像: トーマス・マイヤー 1957年ドイツ生まれ。建築家の父を持ち、幼少期は独自の教育思想を実践するシュタイナー学校で学ぶ。パリでファッションを学んだあと、いくつかのブランドを経て、2001年にボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクターに就任 PHOTOGRAPH BY COLLIER SCHORR

トーマス・マイヤー
1957年ドイツ生まれ。建築家の父を持ち、幼少期は独自の教育思想を実践するシュタイナー学校で学ぶ。パリでファッションを学んだあと、いくつかのブランドを経て、2001年にボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクターに就任
PHOTOGRAPH BY COLLIER SCHORR

 2018年、ボッテガ・ヴェネタは新たな試みを始めた。ニューヨークに世界最大規模となる店舗<ニューヨーク・メゾン>をオープンし、これを記念してウィメンズ&メンズの合同ショーを同地で開催。そして同じタイミングで発表された2018年春夏コレクションの広告では、デジタル時代ならではの映像を主軸とした新しい形態のキャンペーンを打ち出したのだ。

画像: ニューヨーク・コレクションに初参加し、発表されたボッテガ・ヴェネタ2018年秋冬コレクション。トーマスがアトリエを構えるNYの建築や人々の過ごし方をテーマとし、リラックスしたパジャマスタイルやカジュアルウェア、高度な職人技によって作られたドレスが登場

ニューヨーク・コレクションに初参加し、発表されたボッテガ・ヴェネタ2018年秋冬コレクション。トーマスがアトリエを構えるNYの建築や人々の過ごし方をテーマとし、リラックスしたパジャマスタイルやカジュアルウェア、高度な職人技によって作られたドレスが登場

画像: PHOTOGRAPHS: COURTESY OF BOTTEGA VENETA

PHOTOGRAPHS: COURTESY OF BOTTEGA VENETA

画像: ショー会場には<ニューヨーク・メゾン>の「アパートメント」を彷彿させる巨大なリビングが登場した。イタリアのヴィンテージと、ブランドのホームコレクションの家具が置かれている PHOTOGRAPH BY ADRIAN GAUT

ショー会場には<ニューヨーク・メゾン>の「アパートメント」を彷彿させる巨大なリビングが登場した。イタリアのヴィンテージと、ブランドのホームコレクションの家具が置かれている
PHOTOGRAPH BY ADRIAN GAUT

 

This article is a sponsored article by
''.