世界中に愛好家を有するリモワのアルミ製スーツケース。機能美に富んだ名プロダクトに、フェンディのコラボモデルが登場。ラグジュアリーかつ遊び心の効いた、現代的ラゲージが完成した

BY MASANOBU MATSUMOTO

 フェンディとドイツのプレミアムラゲージブランド、リモワがコラボレートした限定スーツケースが発売になった。ベースとなっているのは、アルミ製軽量スーツケース。1937年にリモワが世界で初めて製造をスタートし、旅行業界に革命を起こしたといわれる、ブランドのシグネチャーアイテムだ。その80周年の記念も兼ねた今回のコラボでは、スムーズな移動をサポートするマルチホイールシステムや安全性に富んだ2つのTSAロックなど、リモワがアルミ製ケースの進化とともに開発してきた、機能的ディテールをフル装備している。

画像: 機内に持ち運び可能で汎用性の高い、容量33Lサイズ。一部のフェンディとリモワの直営店、およびフェンディの公式オンラインストアにて販売中 <H55 × W40 × D20cm / 4.4kg> ¥267,840

機内に持ち運び可能で汎用性の高い、容量33Lサイズ。一部のフェンディとリモワの直営店、およびフェンディの公式オンラインストアにて販売中
<H55 × W40 × D20cm / 4.4kg> ¥267,840

 コラボ仕様として、光の当たり具合によって見え方が変わるフェンディの「FFロゴ」をボディ部分にあしらい、トップとサイドの持ち手にはフェンディの最高級カーフレザー「クオイオ ローマ」を採用。セキュリティストラップは、イエローとブラックのフェンディカラーだ。ベーシックかつミニマルなリモワの魅力を踏襲しつつ、フェンディらしいエッセンスが随所に光る。

画像: (写真左)ダブルネームのタグ。ケース本体にはツヤ消し加工の「FFロゴ」が (写真右)ハンドル部分には、肉厚の「クオイオ ローマ」を使用

(写真左)ダブルネームのタグ。ケース本体にはツヤ消し加工の「FFロゴ」が
(写真右)ハンドル部分には、肉厚の「クオイオ ローマ」を使用

画像: 内装の裏地には、FFロゴをあしらった機能的なネオプレーン素材を採用。荷物の量に合わせて位置を調整できる中仕切り「フレックス・ディバイダー・システム」も搭載し、快適な旅をサポートする PHOTOGRAPHS: COURTESY OF FENDI

内装の裏地には、FFロゴをあしらった機能的なネオプレーン素材を採用。荷物の量に合わせて位置を調整できる中仕切り「フレックス・ディバイダー・システム」も搭載し、快適な旅をサポートする
PHOTOGRAPHS: COURTESY OF FENDI

 専用カバーやスーツケースベルトにつけられる「クオイオ ローマ」のネームタグ、そして、フェンディの手書き風ロゴやおなじみのモンスターモチーフ“バッグ バグズ”のステッカーがセットになるのも、楽しい企てだ。近年、自分だけのディテールを”カスタマイズ”するのがファッショントレンドのひとつ。すでにSNS上では、このステッカーで個性的にアレンジされたコラボスーツケースをお伴に、旅を楽しむ人たちの姿が見られる。機能性はもちろん、装いも現代的なラゲッジで、新鮮な旅を楽しみたい。

問い合わせ先
フェンディ ジャパン
TEL. 03(3514)6187
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.