「ジョット・ディ・ボンドーネは中世後期のイタリアを代表する芸術家であり、人物を細部までリアルに描写した最初の画家だ。幸運なことに、ジョットのフレスコ画があるアッシジのサン・フランチェスコ大聖堂は、ソロメオから近い。この絵は《ベネヴェントの婦人の告白》(1298年頃)。小さいときにこの絵を見て、その美しさと正確なタッチに、子どもながらに驚嘆したのを覚えている」

GIOTTO DI BIDONE, “ST. FRANCIS REVIVES THE UNATONED WOMAN TO FACILITATE HER CONFESSION,” FRESCO, CIRCA 1297-99, ASSISSI, ITALY © RAFFAELLO BENCINI/ BRIDGEMAN IMAGES
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 高木教雄の時計モノ語り 入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.