「美術学校を出ていないし、自分では絵も描けないが、布地を使ってあれこれ試し、フィッティングを重ねれば、私は自分が求めるものを正確に伝えることができる。ジャケットは胸の合わせがきれいに決まるべきだし、裾の長さはいちばん重要。このスケッチは、2019年秋冬のメンズ・コレクション用に考えたもの。ボルドーのベルベットのスーツ(パンツはシングルプリーツ)に、スエードのデザートブーツを合わせた」
COURTESY OF BRUNELLO CUCINELLI
記事本文に戻る

人気記事

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Women's Fashion

March 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.