ファッション業界で高まる環境にやさしい物づくりへの意識。エコファーやフリースなど、サスティナブルな過程から生まれたふわふわのぬくもりは、新しいラグジュアリーの感触だ

PHOTOGRAPHS BY TAKAKO NOEL, STYLED BY KAYO YOSHIDA, HAIR BY HORI(Be Natural), MAKEUP BY NOBUKO MAEKAWA(Perle), MODEL BY ZORKA, ANTONIA(Donna), EDITED BY ASAKO KANNO

画像1: モコモコ、ふんわり。
包まれたいのは
サスティナブルなぬくもり

ブランドのアイコニックなトレンチコートにカシミアブランケットやシアリングをあしらい包まれるようなぬくもりをプラス。かねてから製造過程で発生するレザーの切れ端をリユースするなど、サスティナブルな取り組みを続けるバーバリー。昨年より売れ残り廃棄処分の停止に加え、リアルファーの商品化停止を発表した。今年はさらに、2025年までのプラスチックフリーを宣言。

トレンチコート(右)¥520,000、(左)¥600,000(ともに予定価格)/バーバリー
バーバリー・ジャパン
TEL. 0066(33)812819

画像2: モコモコ、ふんわり。
包まれたいのは
サスティナブルなぬくもり

本物と見まごう肌ざわりを実現したモードで環境にやさしいエコファーのコートたち。 2019年「グローバル100」で世界で最もサスティナブルなアパレル企業として認定されたケリング・グループに属するバレンシアガとサンローラン。サンローランでは特に、リサイクルレザーを使用したトートバッグや、オーガニックウールを用いたジャケットなど、持続可能な物づくりに力を注いでいる。

(左)ジャケット ¥341,000/バレンシアガ
バレンシアガ クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-992-136
(右)ジャケット ¥345,000、シャツ ¥150,000/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ
サンローラン クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-95-2746

画像3: モコモコ、ふんわり。
包まれたいのは
サスティナブルなぬくもり

ふわふわのエコファーのネックスカーフをまとったレディの肖像。2018年より、数種類の動物の毛皮を製品と広告に使用しないことを宣言。ファーフリーアライアンス(FFA)への加盟に加え、リアルファーを使用した過去の商品に関しては、チャリティオークションを行いその収益を、動物愛護団体LAVと米国人道協会(HSUS)に寄付するという取り組みを始動。

ネックスカーフ ¥177,000、カーディガン ¥1,400,000、ロングカーディガン ¥550,000、スカート ¥198,000/グッチ
グッチ ジャパン クライアントサービス
フリーダイヤル:0120-99-2177

画像4: モコモコ、ふんわり。
包まれたいのは
サスティナブルなぬくもり

極上のエコファーを用いたケープと、モチーフを編み込んだニットドレスでラグジュアリーなウィンター・リゾートスタイルを。クロコダイル、アリゲーター、リザード、スネイク、ガルーシャといったエキゾチックレザーの使用停止を発表したシャネルは、次世代のハイエンドな製品作りを目指し未来を見据える。

(左)ドレス ¥428,000、スカーフ ¥154,000、ブーツ ¥197,000、
(右)ケープ ¥758,000、ニット ¥974,000/シャネル
シャネル カスタマーケア
フリーダイヤル:0120-525-519

 

This article is a sponsored article by
''.