ファッション業界で高まる環境にやさしい物づくりへの意識。エコファーやフリースなど、サスティナブルな過程から生まれたふわふわのぬくもりは、新しいラグジュアリーの感触だ

PHOTOGRAPHS BY TAKAKO NOEL, STYLED BY KAYO YOSHIDA, HAIR BY HORI(Be Natural), MAKEUP BY NOBUKO MAEKAWA(Perle), MODEL BY ZORKA, ANTONIA(Donna), EDITED BY ASAKO KANNO

画像5: モコモコ、ふんわり。
包まれたいのは
サスティナブルなぬくもり

今季よりファーフリーを宣言し、革新的なウールを発表。メリノウールを編み上げた生地を、トリミングとブラッシングによりシアリングのような素材に仕立てることに成功した。機能性にも優れたフリースが、サスティナブルな未来を紡ぐ。

(左)ケープ ¥105,000、ジャケット ¥79,000、スカート ¥92,000/3.1 フィリップ リム
3.1 フィリップ リム ジャパン
TEL. 03(6433)5011
長靴 ¥9,000/FOCA
エディ・ブロケード
TEL. 0985(65)0799

モード界において、サスティナブルの先駆者といえるステラ。動物性素材を使用しないことはもちろん、再生カシミアや、厳しい森林基準を満たしたビスコースの使用、また年々オーガニックコットン使用の割合を増やすなど、ブランドの挑戦は続いていく。

(右)ケープ ¥145,000、ブラウス ¥113,000、パンツ ¥145,000、ブーツ ¥57,000/ステラ マッカートニー
ステラ マッカートニー カスタマーサービス
TEL. 03(4579)6139
キャップ ¥12,000/カムズアンドゴーズ
alpha PR
TEL. 03(5413)3546

画像6: モコモコ、ふんわり。
包まれたいのは
サスティナブルなぬくもり

お布団にくるまっているかのような感触のダウンコート&スカーフ。「ジルサンダー」から誕生した新ライン「ジル サンダー+」はより自然を意識したコンセプトが特徴だ。オーガニックコットン、植物染めに加え、リサイクルされたカシミアやシルクなど、テクノロジーと自然が融合。

コート ¥437,000、中に着たライナー ¥94,000、ドレス ¥142,000、レギンス ¥88,000、スカーフ ¥46,000、ブーツ ¥148,000/ジル サンダー+
ジルサンダー ジャパン
フリーダイヤル:0120-919-256

画像7: モコモコ、ふんわり。
包まれたいのは
サスティナブルなぬくもり

花柄のライニングにオーガニックなムードが漂う、2019年秋冬コレクションのキルティングコート。2020年春夏コレクションでは、ショー会場にサスティナブルに管理された森林から調達した木材を使用するなどエコロジーな動きが始まっている。

コート ¥660,000、ブラウス ¥383,000、パンツ ¥245,000、ベルト ¥76,000、靴 ¥119,000/ルイ・ヴィトン
ルイ・ヴィトン クライアント サービス
フリーダイヤル:0120-00-1854

画像8: モコモコ、ふんわり。
包まれたいのは
サスティナブルなぬくもり

大胆なフラワープリントのダウンコートとボディスーツは、モンクレールとリチャード・クインのコラボレーション。モンクレールでは、ダウンのトレーサビリティと動物福祉を厳格に守るため、グースの飼育から原材料の加工、縫製まで、自社独自の規約を公表。すべてのサプライヤーの順守状況を管理した物づくりを徹底している。

(上)コート ¥463,000、ボディスーツ ¥124,000、
(下)コート ¥377,000、ボディスーツ ¥86,800(参考価格)/0 MONCLER RICHARD QUINN
モンクレール ジャパン
TEL. 03(3486)2110

 

This article is a sponsored article by
''.