「スイスの陶芸家、クリスチャンヌ・ペロションのトレイの上にあるのは、私がほぼ毎日身につけているアンティークジュエリー。特にジョージ王朝やエドワード王朝時代のダイヤモンドが好き。ネックレスと右上の指輪は1830年代の英国製。中央の彫金のイヤリングはインドのミッドセンチュリーのもので、見た目によらず軽量。ほかは約300年前にクロアチアのダルマチアで作られたもの」
COURTESY OF ULLA JOHNSON
記事本文に戻る

T JAPAN webの
編集デスク・WEBエディター募集

応募する

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.