インダストリアルデザインの先駆けであり、ブランドのシグネチャーでもある「トゥボガス」。その新作ジュエリーは、古代から近現代まで時空を超えた魅力をたたえる

BY NANCY HASS, PHOTOGRAPH BY PHILIP CHEUNG, STYLED BY ALI GALLAGHER, TRANSLATED BY CHIHARU ITAGAKI

 シャープなアングルであろうと優雅な曲線であろうと、モダンなデザインとは、凝りすぎた表現や過剰な装飾に語らせずに、本質のみを表現するものである。モダンであるということは、ある意味、その存在の本質を世にさらけ出すことなのだ。ブルガリの新作ジュエリーは、まさにその好例と言える。この三連チョーカーは、ポストモダン論が隆盛な1980年代を思い起こさせるとともに、現世を超越したクレオパトラの時代のエジプトの装身具のようにも見える。中心となるのは、3つの堂々たる透き通った半円の石―― 甘美な魅力をたたえたザクロピンクとパルムグリーンのトルマリンに、澄んだカリビアンブルーのアクアマリン。この3つの石にはカボションカットが施されている。

画像: ネックレス¥40,810,000(予定価格) <K18RG、ピンクトルマリン、グリーントルマリン、アクアマリン、ダイヤモンド>

ネックレス¥40,810,000(予定価格)
<K18RG、ピンクトルマリン、グリーントルマリン、アクアマリン、ダイヤモンド>

有史以前から存在した、宝石の色そのものを引き立てる加工法であり、いつの時代にもコンテンポラリーな印象を放つが、実はファセットカットよりも昔からある技法である。貴石がセットされたピンクゴールドは、ブランドのシグネチャーであり、インダストリアルデザインの先駆けでもある“トゥボガス”――20世紀初頭の地中のガス管をモチーフに、はんだを使わずに制作されるしなやかなコイル状のバンド―― を用いて、円環を重ねている。このジュエリーには、明るい未来の兆しが感じられる。これは、あらゆる時代において、とりわけ今の時代にこそ、スーパーヒーローのデコルテを飾るのに最もふさわしいアミュレット(お守り)なのだ。

STYLIST’S ASSISTANT: JUSTIN FRY

問い合わせ先
ブルガリ ジャパン
TEL. 03(6362)0100
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.