隕石の素材を文字盤に採用したタイムピースの名作が、はるかなる宇宙への夢を抱かせる

BY NANCY HASS, PHOTOGRAPH BY ESTHER CHOI, STYLED BY TODD KNOPKE, TRANSLATED BY NHK G-MEDIA

 19世紀初め、西洋は隕石などの天文学的現象に魅了されていた。同じ頃、お互いに約1,300キロメートルも離れたところで活動する二人の人物、オーストリアに住む印刷業者のアロイス・フォン・ベッカー=ウィドマンシュテッテン伯爵と英国からナポリに移住した鉱物学者のグリエルモ(ウィリアム)・トムソンが、非常に似通った発見をした──鉄隕石を割ったものを薄い硝酸の水溶液に浸すと、驚くほど複雑で美しい結晶構造が出現する。今日、この特徴的な模様は「ウィドマンシュテッテン構造」または「トムソン構造」と呼ばれているが、どちらが発見者として功績を認められたとしても、これが自然によって生み出された最も魅惑的な創造物のひとつであることに違いはない。

画像: ロレックス「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」¥4,557,300 <ケース径40mm / YG>

ロレックス「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」¥4,557,300
<ケース径40mm / YG>

 スイスの高級腕時計メーカーであるロレックスは、過去にもメテオライト(隕石)の薄片を真鍮で裏打ちしたものを文字盤に使用しているが、このたび、ロレックスのアイコニックモデルとして知られる「オイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナ」が、無垢の隕石を化学的に処理した厚板という素材を採用した文字盤によって生まれ変わった。エッチングを施した盤面は、エバーローズゴールド、ホワイトゴールド、イエローゴールド(写真)のいずれかのケースに収められ、人の手では作り出すことができないその輝きが、精巧さで名高いタイムピースの繊細な美しさを成層圏にまで押し上げていると言えよう。

PHOTO ASSISTANT: EMILIE FONG

問い合わせ先
ロレックス
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.