効率よりも品質重視。目の届くなかで手塩にかけてよいものを――。東京の地で、周囲と手を携え、日々の糧を生み出す農業生産者たち。後編では様々な“つながり”を築く練馬の2軒を訪ねた

BY MIKA KITAMURA, PHOTOGRAPHS BY YUKO CHIBA

地産地消、農福連携。
農地は資源として地域に還元する「白石農園」

 東京にはもともと野菜産地としての歴史があると教えてくれたのは、東京産野菜を扱う豊洲の仲卸「政義青果」の近藤義春。「肥沃な土壌の関東平野は古来、農業に適した土地です。幕府が開かれ、江戸は人口100万、当時世界最大規模の都市でした。江戸の人々への食料供給は近在の畑が担っていたのです」。近在農家として、当時から江戸の食卓を支えてきた農家の一つが、練馬に350年続く「白石農園」だ。

画像: アスパラの収穫期は春。 公式サイト から購入することができる

アスパラの収穫期は春。公式サイトから購入することができる

 大泉の住宅街にある畑で、約100種類の野菜とブルーベリーを育てている。農園のホームページを開くと、次の文が目に飛び込んできた。「東京うまれ 東京そだち ご近所のみなさん こんにちは」。このコピーには、東京で農業をする決意が込められている。園主の白石好孝は、「東京の住宅街での農業は、地域社会に貢献してこそ、持続可能な生業になる」と語る。バブル期、周囲の畑が次々と宅地になっていった。白石は「宅地や駐車場に転換された土地は資産にはなる。でも、農地はものを生み出す資源なのだと気づいたんです。資源として大切に後世へ引き継がねば」と、農地を守り抜いた。当時、東京に農地は不要と逆風を受けたが、今、白石の農地は、お金に換算できないさまざまな価値を生み出している。

画像: 直売ロッカー。白石が趣味で飼っている鶏の卵も。ご近所価格は格安で、ほとんど午前中に売り切れる

直売ロッカー。白石が趣味で飼っている鶏の卵も。ご近所価格は格安で、ほとんど午前中に売り切れる

 畑に隣接している直売所と近所のスーパーで、採れたてピカピカの野菜を中間マージンなしのお手頃価格で販売。毎日、ほぼ完売だ。給食の食材として、区内の小中学校へも届けている。その学校の生徒たちに、農業体験の機会も提供する。生徒たちがほうれん草の種を蒔き、収穫まで行う。収穫当日の給食には、そのほうれん草が登場するのだとか。生徒たちの笑顔は白石にとって宝物だ。

画像: すぐしなびてしまう葉は切り落とされることが多いが、こちらの大根は葉つきのまま。地産地消ならばこそ

すぐしなびてしまう葉は切り落とされることが多いが、こちらの大根は葉つきのまま。地産地消ならばこそ

また、近隣の人々に区画を貸すだけでなく、種や苗、道具を用意し、野菜の育て方を教える体験農園「大泉 風のがっこう」も開いた。リピーターが多く、20年間通う人も。アスパラガスだけはネット販売するため、選別と梱包、発送作業を近所の「かたくり福祉作業所」に発注している。こうして農園を軸に、“ご近所のみなさん”と手を携えて地域社会に根を張り、顔の見えるつながりが築かれている。

画像: 園主の白石好孝

園主の白石好孝

白石農園
東京都練馬区大泉町1-44-14
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.