ルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック ディレクターであるヴァージル・アブローが、初となる「ファッションジュエリー・コレクション」を発表。ダイバーシティの時代を象徴するアプローチが話題だ

BY AYANO ISHIHARA

 革新的なアプローチでルイ・ヴィトンの歴史に新時代を築きつつあるのは、2019年の春夏コレクションよりメンズ アーティスティック・ディレクターに就任したヴァージル・アブロー。伝統あるメゾンのヘリテージとストリートの感性を融合し、今の時代を体現する感覚が幅広い層に支持され、一大ブームを巻き起こしたのは記憶に新しい。SNSを駆使し世の中を動かす”巻き込み力”も、超一流。まさに時代を牽引する存在だ。

画像1: TJ News
 ルイ・ヴィトンから
新時代を体現するファッション
ジュエリー・コレクションが誕生

 1980年にアメリカのイリノイ州ロックフォードで生まれたヴァージル・アブローは、アーティストであり建築家。エンジニアでありデザイナーという、マルチな才能の持ち主として知られる。ミュージシャンで音楽プロデューサーのカニエ・ウエストの下でクリエイティブディレクターとして数々の作品を手掛けたのち、2012年に自身のブランド「Off-White c/o Virgil Abloh™」をスタート。現代アーティストとしても高く評価されるなど、華々しいキャリアを積み上げてきた。そんな彼がもたらした新たなニュースが、 初となる「ファッションジュエリー・コレクション」の発表だ。

 「ルイ・ヴィトン チェーン」コレクションは、2019年春夏メンズ・コレクションのアクセサリーやレザーグッズにあしらわれたチェーンを再解釈したもので、ペンダントやブレスレット、リングなどがラインナップされている。着想源はクラシカルなキューバンリンク。ヒップホップやスケートカルチャーなど、幅広い文化のエッセンスを包含するデザインは、デザイナー自身の、メンズ・ジュエリーの伝統へのリスペクトの意も込められているのかもしれない。

画像: (左)ネックレス「ペンダント・LVチェーンリンクス」¥239,000 (右)ネックレス「コリエ・LVチェーンリンクス パッチーズ」¥383,000

(左)ネックレス「ペンダント・LVチェーンリンクス」¥239,000
(右)ネックレス「コリエ・LVチェーンリンクス パッチーズ」¥383,000

 なかでも注目すべきアイテムは、春夏コレクションのメインテーマであったレインボーストーリーにちなんでマルチカラーに彩られたチェーン。ポップなオレンジやブルーのエナメル、ヴィンテージ風の光沢を放つゴールドカラーの真鍮、「モノグラム」の刻印を施したパラジウム仕上げ、そしてさまざまな色合いのクリスタル。それぞれ異なる個性が見事に調和し1本となって繋がるチェーンはダイバーシティの象徴であり、現代という時代に向けた強いメッセージを感じさせる。

画像: (左)ブレスレット「ブラスレ・LVチェーンリンクス」¥76,000 (右)リング「シグネットリング・LVチェーンリンクス」¥69,000 PHOTOGRAPHS: COURTESY OF LOUIS VUITTTON

(左)ブレスレット「ブラスレ・LVチェーンリンクス」¥76,000
(右)リング「シグネットリング・LVチェーンリンクス」¥69,000
PHOTOGRAPHS: COURTESY OF LOUIS VUITTTON

 ヴァージルの感性が生み出すジュエリーを、計算し尽くされたディテールと卓越したテクニックで仕上げるのは、メゾン伝統のサヴォアフェール(匠の技)。両者が出合って結実したこのコレクションは、個性とメッセージ性を打ち出しながらも、日常使いからドレスアップシーンまで幅広く楽しめる汎用性の高さも魅力だ。メンズ・ウェアにおける“ジュエリー”というカテゴリーを確固たるものにするエポック的存在となるかもしれない。

問い合わせ先
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
フリーダイヤル: 0120-00-1854
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.