ボーンホルム島の数多い海辺の村のひとつ、グルイェム


 コペンハーゲンから創造力に満ちた職人や芸術家を集め、岩は多いが肥沃なバルト海の島に移住させたらどうなるか。その答えが今、にわかに活気づいているボーンホルム島のクリエイティブ・シーンだ。スウェーデンの真南に位置し、農民や漁師が人口の大部分を占めていたこのデンマークの島に、都会人が惹きつけられるのはなぜか、それを理解するのは難しくない。ここでは、風にさらされた海岸の砂は砂時計に用いられるほど細かく、なだらかに起伏する草原には藁葺き屋根の農家が点在している。さらには、昔ながらの燻製小屋や陶芸工房、アイスクリーム・パーラーが立ち並ぶ魅力的な港町もある。


 ボーンホルム島は、19世紀半ばから人気の休暇先で、とくにドイツ人旅行者が数多く訪れていたが、5年ほど前から再生の時を迎えている。その立役者となったのが、世界に名を馳せる北欧料理店「カドー」を開いた3人組だ。ボーンホルム島の出身で幼友達のニコライ・ノルガードとラスムス・コフォードは、10年ほど前に島の南岸にレストランをオープンした(それから間もなくラスムスの兄のマグナスも仲間入りした)。
コペンハーゲンにある2号店は、2013年にミシュランの星を獲得。世界中から注目を浴びたことにより、菓子職人からテキスタイル・デザイナーまでボーンホルム島のほかの生産者たちも刺激を受け、人口が4万に満たないこの島での暮らしに憧れて本土から移り住む者も増えた。



レストラン「カドー」のハーブ・ガーデンに立つ

シェフのニコライ・ノルガード



「カドー」のメニューの一品。

火で焼いたコールラビ、エンドウ豆、クルマバソウ、ブルーチーズ



「デンマーク国内では、ボーンホルム島ほどエキゾティックなところはない」と言うのは、海外からコペンハーゲンに移り住み、現在は島内のスヴァネというのどかな漁村でヴィンテージ家具店を営むマイケル・スタギナスだ。島を訪れるなら初秋がいい、と彼はすすめる。その時期になると観光客の数は減るが、まるで地中海のような温暖な気候は続いており、夜が更けるまで空が明るい。