《シカン黄金製大仮面》中期シカン、ロロ神殿東の墓。1991~1992年にかけての発掘作業で発見された。盗掘を免れた墓には5人の遺体と、1.2トンに達する副葬品がぎっしり置かれていた。墓の主(40~50歳の男性貴族)の顔を覆っていた仮面は純度の高い金板を切り出して構成され、仮面の顔の大半が水銀含有量の非常に多い辰砂(しんしゃ ※朱)で彩られていた
PHOTOGRAPH BY SATORU MURATA
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November27,2023

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.