金剛家の能楽師が初めて舞台に上がる際に代々着けてきた「翁」を含む58の能面が一堂に。能装束や腰帯や扇などの小道具も見応えがある
(写真左から)
《翁》 日光作 室町時代 17.6×14.0cm 金剛家蔵
《般若》 赤鶴作 室町時代 21.0×15.8cm 金剛家蔵
COURTESY OF MITSUI MEMORIAL MUSEUM
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.