自由な発想で型染めの世界に新風を吹き込み、民藝からアートへと飛躍を遂げた染色家・柚木 沙弥郎(ゆのき さみろう)。独創的でいきいきとした作品からは、生きる歓びが伝わってくる。96歳の現役作家が今見つめるものは

BY CHIZURU ATSUTA, PHOTOGRAPHS BY NORIO KIDERA

画像: 《まゆ玉のうた》シリーズ(2013年・世田谷美術館収蔵)と本人(『柚木沙弥郎 92年分の色とかたち』グラフィック社より) ‘SAMIRO YUNOKI STYLE & ARCHIVES’  © GRAPHICSHA

《まゆ玉のうた》シリーズ(2013年・世田谷美術館収蔵)と本人(『柚木沙弥郎 92年分の色とかたち』グラフィック社より)
‘SAMIRO YUNOKI STYLE & ARCHIVES’ © GRAPHICSHA

 白布の真ん中に描かれた、大きなクエスチョンマーク。その周りには柚木レッドと言われる鮮やかな赤をベースに、黒い丸模様が彩られている。今年4月、東京・渋谷のギャラリーTOMで開催された展覧会で、染色家・柚木沙弥郎の作品は、そんなモチーフが大きなインパクトを残した。個展のタイトルは『柚木沙弥郎 Qui est?』。「フランス語で『柚木とは誰ですか?』という意味です。これまでの創作活動や表現を通して、『自分は何者だ?』と問うてみた。今世紀に入るまでそんなこと、考えたこともなかったから」

 現在96歳。20代の頃に柳宗悦が提唱する民藝と出会い、のちに人間国宝となった染色工芸家、芹沢銈介(けいすけ)の弟子に。染色家の道を歩み始めて以降、70年以上たった今も型染めの第一人者として現役で活躍する。昨年、日本民藝館で開催された『柚木沙弥郎の染色 もようと色彩』展では、老若男女のファンが足を運び、近年では同館最多の観客動員数を記録したことも記憶に新しい。大胆な構図と鮮烈な色使い、モダンで斬新なモチーフはみずみずしく、生命力にあふれている。染色以外にも版画、ガラス絵、絵本、人形制作など、幅広い活動を続け、自ら芸術表現を切り開いてきた。

画像: リビングにはアートピースに紛れて蒐集したフォークアートが並ぶ。「有名無名は関係ないよ、直感で選ぶんだ」。写真右の人形は柚木の作品

リビングにはアートピースに紛れて蒐集したフォークアートが並ぶ。「有名無名は関係ないよ、直感で選ぶんだ」。写真右の人形は柚木の作品

画像: (左)アトリエで制作中。型紙は下書きをせず、ハサミでカットしてつくる (右)《柚木沙弥郎 Qui est?》 2019年4月、ギャラリーTOMにて同名の展覧会が開催された ‘SAMIRO YUNOKI STYLE & ARCHIVES’  © GRAPHICSHA

(左)アトリエで制作中。型紙は下書きをせず、ハサミでカットしてつくる
(右)《柚木沙弥郎 Qui est?》 2019年4月、ギャラリーTOMにて同名の展覧会が開催された
‘SAMIRO YUNOKI STYLE & ARCHIVES’ © GRAPHICSHA

 いつかはパリで挑戦したいと考えるようになったのは、1960年代に初めてその地を訪れたときのこと。以来、柚木にとってパリは特別な場所となった。20世紀初頭、画家・藤田嗣治(つぐはる)らとともに画壇で活躍していた洋画家の父から、パリの素晴らしさをすっと耳にしていたことも大きかった。最初の訪問から40年近くたった頃、柚木に人生の転機が訪れる。2008年、セーヌ左岸にある画廊で初の個展が決まったのだ。当時86歳。その後、個展は3年連続で開催された。

「その頃から友人も増えてね、新しい仕事も増えた。だから、ここ15〜20年くらいの話ですよ。僕を取り巻く環境が大きく変わったのは。自分が必要とされているという自覚が芽生えましたね」

 

This article is a sponsored article by
''.