ロビン・ホワイト&ルハ・フィフィタ《大通り沿いで目にしたもの》(「コ・エ・ハラ・ハンガトゥヌ:まっすぐな道」シリーズより)2015-2016年 顔料、植物染料、バーククロス(樹皮布) 2,400×380cm

トンガの作家ルハ・フィフィタとの共同制作。長さ24メートルのバーククロスにキリスト教や自身が信仰しているバハイ教のシンボル、身の回りのものや植物などが描かれている

COURTESY OF MCLEAVEY GALLERY, WELLINGTON/PHOTOGRAPH BY MICHAEL FUDAKOWSKI
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング! 高木教雄の時計モノ語り

LATEST ISSUE

Design & Luxury

June 01, 2021

購読申込

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.