ちまたで評判の化粧品の背景には、人知れぬ開発の苦難がある。なぜすごいのか、どうすごいのか? 誰よりもそれをいちばんよく知る開発者に迫るインタビュー連載。第8弾は「リファ ビューテック ドライヤー」

BY MIYUKI NAGATA

「リファ ビューテック ドライヤー」の強みは、プロセンシングだけではない。「ただの風が出ているだけのドライヤーでは、今はもう勝負にならない。私たちが最も効果的だと考えたのが、遠赤外線とイオンの組み合わせでした」。遠赤外線を放射する高密度炭素と、空気中の分子をイオン化するイオナイザーをドライヤーに内蔵。この二つによって、ハイドロイオンを発生させる。遠赤外線もイオンも、採用している高機能ドライヤーの製品は珍しくないが、このふたつを融合させてドライヤーに搭載しているのはMTGだけの技術。「ドライヤーを使う前と後で、髪の手触りが全然違う!と言う声をいただています。さらに、髪質やヘアスタイルにあわせて仕上がりが選べるようにモイストとボリュームアップ、ふたつのモードをつくりました。」

画像: リファ ビューテック ドライヤー ¥33,000 髪の温度を60度以下に自動調整するプロセンシングで、サロン帰りのような髪に。ハンドル部分には2種類のボタンがあり、ひとつはHIGHとLOW、COOLの送風モードを選択するボタン。もう一つはセンシングモード選択ボタンで、しっとり仕上げるMOISTとふんわり仕上げるVOLUME UP、OFFの3つのモードが選択可能になっている PHOTOGRAPH BY KEVIN CHAN

リファ ビューテック ドライヤー ¥33,000
髪の温度を60度以下に自動調整するプロセンシングで、サロン帰りのような髪に。ハンドル部分には2種類のボタンがあり、ひとつはHIGHとLOW、COOLの送風モードを選択するボタン。もう一つはセンシングモード選択ボタンで、しっとり仕上げるMOISTとふんわり仕上げるVOLUME UP、OFFの3つのモードが選択可能になっている
PHOTOGRAPH BY KEVIN CHAN

「リファの美容ローラーを最初に販売してくれたのは、美容室とエステティックサロンでした。美容師やエステティシャンのみなさんのサポートがなければ、今の私たちはありません。だからこそ美容師さんが毎日使うドライヤーで、恩返しをしたいという思いもあります。ドライヤーを振ったり、温風と冷風の切り替えボタンをカチカチ押し続けたりするのは、腕や指にかなりの負担がかかります。私たちのドライヤーがそこをサポートすることができれば、美容師のみなさんは、よりお客さまに向き合い、クリエイティブな仕事に集中することができる。美容や髪、外見の美しさのために役立つことはもちろん大切ですが、それだけでは物足りない。私たちは人の生活や気持ちに結び付いて、より人を幸福に導く、世の中にとって価値のある製品をつくりたいのです」

 熟練した美容師の目と手の替わりとなって髪の温度をコントロールし、遠赤外線とイオンで美しい髪をつくるドライヤー。そこには高い技術力や効果だけを競うのではなく、生活をより快適にし、使う人を幸せにしたいという思いがあった。確かに使ってみると、一カ所に風を当て続けても髪が熱くなり過ぎず、ツヤのある髪に仕上がる。しかも熱のコントロールに神経を使う必要がないので、今日あったことや明日の予定などを考えているうちに髪が乾く。このドライヤーは髪を傷めず、美しくするだけではなく、髪を乾かしている時間を劇的に自由に、楽にしてくれるのだ。ビューティの常識にとらわれない自由な発想と高い技術力、そして何よりも熱いハート。加藤さんたちのつくる製品は、きっと日本のビューティと人の暮らしを変えていく。

問い合わせ先
MTG
フリーダイヤル:0120-467-222
公式サイト

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.