世界の建築界の最高峰に立つ女性、妹島和世。軽やかなガラスの建築で世界を驚かせた彼女は、さらに進化し、新たな領域を目指す

BY JUN ISHIDA, PHOTOGRAPHS BY TAKASHI HOMMA

 今、世界で最も著名な女性建築家といえば、妹島和世だろう。日立製作所で働く技術者の父を持ち、茨城県日立市の社宅で育った妹島。日本女子大学で建築を学び、伊東豊雄の事務所に入った彼女は、1987年に妹島和世建築設計事務所を設立。そして1995年には西沢立衛(りゅうえ)とともに共同設計事務所SANAA(サナア)を立ち上げた。

「金沢21世紀美術館」(2004年)、「ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート」(米・ニューヨーク、2007年)といった建築物で国内外にその名を知らしめたSANAAは、2010年に建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞、名実ともに世界のトップ建築事務所のひとつとなった。妹島は現在、SANAAと自身の事務所を合わせると国内外で20以上のプロジェクトを抱える。ほかにも、海外ではミラノ工科大学、ウィーン国立応用芸術大学、日本では横浜国立大学大学院Y-GSAで教授を務め、国内外を飛び回る忙しさだ。

画像: 「荘銀タクト鶴岡」の竣工記念式典に出席した妹島和世。周りに置かれたソファ「Flower」はSANAAデザインによるもの

「荘銀タクト鶴岡」の竣工記念式典に出席した妹島和世。周りに置かれたソファ「Flower」はSANAAデザインによるもの

 

This article is a sponsored article by
''.