「今年、大阪のルイ・ヴィトン内のレストランで撮影。日本は大好きな国だ。僕の50歳の誕生日会をNIGO®が開いてくれた(東京在住のNIGO®はKENZOのアーティスティック・ディレクターであり、ヒップホップのプロデューサーでもある)。彼との出会いは、人生最高の贈り物のひとつ。20年前、日本で録音することになり、彼のスタジオを使わせてもらった。5階建てのビルは各階がショールーム、撮影スタジオ、録音スタジオになっていて、『すげえ、コイツは思いどおりに生きている!』と思った。その衝撃が僕を変えた。米国では自慢するのが当たり前。でもNIGO®は何も言わなかった。その必要がないからね。東京の空気には謙虚さがある。ヴァージニアの空気に湿気があるように」

PHOTOGRAPH BY DRE ROJAS
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November27,2023

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.