卓上真剣勝負!

Dialogues at the Table
テーブルの上は、おしゃれとお皿の共演

PHOTOGRAPHS BY MASANORI AKAO, STYLED BY YUKARI KOMAKI, HAIR & MAKEUP BY KEITA IIJIMA, MANICURE BY CHIAKI OBARA AND KIHO WATANABE(UKA), MODEL BY SHAYNA AND GABA

画像1: 卓上真剣勝負!

シンプルな定番こそ腕の見せどころ
会食のとき目がいくのは上半身、おしゃれはトップのプレゼンテーションが最重要に。正統派なジャケット&シャツでベースを端正にまとめたら、小物で物語を添える。襟元にはラッキーチャームが揺れるネックレスを重ね、手もとには職人の卓越した手仕事の技なればこその、見事な細工のジュエリーを。小物は会話の糸口としてもお役立ち。さて、お食事は温かなスープから。目の粗さを変えた漉こし器で三度、そしてミキサー、最後は布で漉されたコーンポタージュはとろりとなめらか、甘やかで幸福な舌ざわり。
馬のネックレス¥46,000、チャームのネックレス¥115,000、
ジャケット¥195,000、シャツ¥83,000、シルクスカーフ¥46,000
ラルフローレン(ラルフローレンコレクション)
フリーダイヤル:0120-327-420
(右手)リング<YG、WG、ダイヤモンド>¥880,000、
(左手)リング¥1,200,000<YG、WG、ルビー、ダイヤモンド>、
スミレの葉のバングル<YG>¥2,700,000
高會堂六本木(フェデリーコ・ブチェラッティ)
TEL. 03(3405)7131 
コーンポタージュ¥1,230(税込・サ別)
資生堂パーラー銀座本店

画像2: 卓上真剣勝負!

日本一、美しいオムライス!
つややかな黄金色の完璧なオムライスは、卵3個を使って、熟練シェフの魔法の手がチキンライスをやさしく包みこむ。仕上げは細心の注意を払って、ソースの帯を見め麗しく。1928年の開業時からあるチキンライスを常連さんのリクエストで卵で包んだのが、このオムライスのはじまりだそう。丁寧に作られた、やさしい味わい。テーブルの上、襟元と手もとはコスチュームジュエリーを豪快に盛り合わせ。「今日はオムライスだから、鳥のリング!」そんな選択も洒落心。
(右手)人さし指の鳥モチーフリング¥42,000、中指のリング¥97,000、
LOVEDバングル¥72,000、
(左手)中指のリング¥71,000、ハートのパームカフ¥98,000、
リボンのブローチ¥90,000、ブラウス¥150,000、スカート¥190,000
グッチジャパンカスタマーサービス(グッチ)
フリーダイヤル:0120-88-1921
オムライス¥2,470(税込・サ別)
資生堂パーラー銀座本店
TEL. 03(5537)6241

 

This article is a sponsored article by
''.