今年の春に刊行された『ずっと美しい人のおしゃれスタイル』。シリーズ3冊の最後を飾るこの本に登場する“カッコいい”シニアマダムたちの言葉は、今を生きる大人の女性たちへの力強いエールだ

BY JUNKO ASAKA, PHOTOGRAPHS BY KIKUKO USUYAMA

 今年4月に刊行された『ずっと美しい人のおしゃれスタイル』。シニアの女性たち31人のファッションをそれぞれの自宅で撮影し、生き方、年齢の重ね方についてインタビューしたユニークな書籍だ。2016年の『ずっと美しい人のマイ・スタイル』、2017年の『ずっと美しい人のインテリア』に続くシリーズの3冊め。シリーズに登場した50代後半から60代の女性たちは計94人にのぼる。

画像: (写真左から)『ずっと美しい人のマイ・スタイル』『ずっと美しい人のおしゃれスタイル』『ずっと美しい人のインテリア』(各¥1,500/集英社)。50代後半や60代女性のファッションやインテリアを通じて、年齢を超えて自分らしくいきいきと生きる、ひとりひとりの“スタイル”を紹介する PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

(写真左から)『ずっと美しい人のマイ・スタイル』『ずっと美しい人のおしゃれスタイル』『ずっと美しい人のインテリア』(各¥1,500/集英社)。50代後半や60代女性のファッションやインテリアを通じて、年齢を超えて自分らしくいきいきと生きる、ひとりひとりの“スタイル”を紹介する
PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO

「私自身、60歳の定年が近づくにつれ、次第に『定年後はどうやって生きていけばいいのか』と思い迷うようになりました。社会から隔絶された、未知の世界に落ちていくような不安にとらわれて……。でも、ふとまわりを見渡してみると、60歳を越えても素敵な女性たちがいっぱいいる。彼女たちは年齢をどう考え、これからどう生きていこうと思っているのか知りたい! と思ったのがきっかけで、このシリーズが生まれました」と語るのは、このシリーズすべてを手がけたフリー編集者の野村英里さんだ。
「私と同じように、年齢を重ねることに不安を覚えている人はたくさんいるはず。その方たちにとって何かの指針になるような本ができたらと思ったんです」

画像: おしゃれで大切なのは「大人の品」と語る浅田美代子さん。女優業とともに、保護犬・保護猫を救う動物愛護の活動に力を注ぐ。「見た目の品だけでなく、自分以外のものやことに心を寄せられること――それこそが真の大人の品性なのだと感動しました」(野村さん) 写真は『ずっと美しい人のおしゃれスタイル』より

おしゃれで大切なのは「大人の品」と語る浅田美代子さん。女優業とともに、保護犬・保護猫を救う動物愛護の活動に力を注ぐ。「見た目の品だけでなく、自分以外のものやことに心を寄せられること――それこそが真の大人の品性なのだと感動しました」(野村さん)
写真は『ずっと美しい人のおしゃれスタイル』より

 登場するシニアマダムたちは、思い思いに自慢のファッションに身を包み、個性豊かなインテリアを背景に微笑んでいる。ストリートスナップとは違った、ひとりひとりの人となり、暮らしの匂いが伝わる写真が魅力的だ。
「シリーズの最初から、借り物ではなくその方自身の服で、お住まいやお仕事場で撮影させていただくという点にはこだわりました」と野村さん。その結果、「同世代でこんな素敵な暮らしをしているカッコイイ女性がたくさんいる!」「昔から見てきた女性が、今も変わらず素敵!」といった感動の声や、「歳をとることが怖くなくなった」といった反響が多く寄せられたという。

「3冊を手がけて思うのは、登場する50代後半から60代の女性たちがみなさん、『私は私、年齢は関係ない』と堂々と言える方たちだということです。若いときは『今に私だって』とギラギラしたり、逆に人と同じでないと不安になったりと、常に周囲と比較しながら自分という存在を認識しがちですよね。でも、取材させていただいた女性たちは、人と自分を比べない。それぞれに紆余曲折があり、挫折を経て、でも『それがあるから今がある』と、現在の自分を肯定している」

画像: 『ずっと美しい人のおしゃれスタイル』の巻頭に登場する松田啓子さん(オフィスM.H.MATSUDA代表)は「大好きなアライアを着るために体型を維持しています」という。「60代後半でサイハイブーツをこんなに素敵に履きこなしている人見たこことない!と衝撃でした。『私は私。誰が何と言おうと私はこれが好き!』という気合のようなものを松田さんから学んだ気がします」(野村さん)

『ずっと美しい人のおしゃれスタイル』の巻頭に登場する松田啓子さん(オフィスM.H.MATSUDA代表)は「大好きなアライアを着るために体型を維持しています」という。「60代後半でサイハイブーツをこんなに素敵に履きこなしている人見たこことない!と衝撃でした。『私は私。誰が何と言おうと私はこれが好き!』という気合のようなものを松田さんから学んだ気がします」(野村さん)

 

This article is a sponsored article by
''.