オリヴィエ・サイヤールがアーティスティック・イメージ & カルチャー・ディレクターに就任後、初めて指揮を執ったブティックが完成した

BY TAKAHIRO KATO

 1891年、フランス中部の都市・リモージュで創業した「J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)」。アメリカに起源をもつ伝統的な“グッドイヤーウエルト製法”を取り入れつつも、フレンチ・エレガンスを体現したラグジュアリーシューズを世に送り続けている。今もリモージュ近郊の工場には170名以上の職人が在籍。1946年に誕生したアイコンシューズ「180 シグニチャーローファー」をはじめ、多くの名品が世界中で愛されている。

 2018年1月、ブランドとして初のポストとなる「アーティスティック・イメージ & カルチャー・ディレクター」にオリヴィエ・サイヤールが就任。メンズ、ウィメンズの両コレクションはもちろん、メゾン全体のイメージディレクションも担っている。その就任から1年、オリヴィエが指揮を執り、東京・青山の日本1号店が世界に先駆けてリニューアルオープンした。

画像: J.M. WESTON AOYAMA 外観 全面ガラス張りのウィンドウを採用し、通りからも店内の様子がよく見える開放的なつくりに

J.M. WESTON AOYAMA 外観
全面ガラス張りのウィンドウを採用し、通りからも店内の様子がよく見える開放的なつくりに

 大学で美術史を学び、パリのガリエラ宮モード美術館の館長などキュレーターとして活躍してきたオリヴィエ・サイヤール。1年間、京都で過ごしていたこともある親日家である彼は、自身が手がける世界初のブティックの地に、迷わず日本を選んだ。リニューアルされた店舗では、彼の幼少期の記憶にある博物館と工場、その境界線上にある図像学(iconography)をコンセプトとして取り入れている。

画像: アーティスティック・イメージ & カルチャー・ディレクター OLIVIER SAILLARD(オリヴィエ・サイヤール)

アーティスティック・イメージ & カルチャー・ディレクター
OLIVIER SAILLARD(オリヴィエ・サイヤール)

 これまでクラシカルな雰囲気で陳列されていたシューズは、より明るく開放的に生まれ変わった店内で、躍動感にあふれ、まるで芸術品のように並ぶ。木材とメタルを使ったサイズ違いのショーケースは、各地の自然史博物館から着想を得たものだという。また、店内の音響設備には、スピーカー「JBL / Lancer77」やアンプ「SANSUI / AU-9500」といった名機を採用。東京ブランドの「Scye(サイ)」と共同開発したユニフォームを取り入れるなど、世界観をより堪能できる空間を目指した。

画像: J.M. WESTON AOYAMA 店内 床は「WESTON」の“W”をイメージしたヘリンボーンの寄木細工で、フランスらしいエスプリも効かせた

J.M. WESTON AOYAMA 店内
床は「WESTON」の“W”をイメージしたヘリンボーンの寄木細工で、フランスらしいエスプリも効かせた

 また、専門スタッフによるシューズのポリッシングや簡単なリペアに加えて、自分好みのシューズをオーダーできるカスタマイズサービスがいつでも受けられるようになっており、24種類のモデルから、110種類以上のレザー、28色のカラーを組み合わせることができる。

 さらに、オリヴィエ監修のもとシューズのラインナップも刷新。1946年に登場して以来、ブランドアイコンとして愛され続けている、「180 シグニチャーローファー」に、重厚感のあるトリプルソールを採用した「180 シグニチャーローファートリプルソール」が発表された。

画像: 「180 シグニチャーローファートリプルソール」<ブラック・ブラウン2色展開>¥130,000 厚底で幅のある特徴的なトリプルソールには、ベジタブルタンニン・レザーを使用。おなじみのグッドイヤーウェルト製法を用いた、よりファッショナブルなモデルだ

「180 シグニチャーローファートリプルソール」<ブラック・ブラウン2色展開>¥130,000
厚底で幅のある特徴的なトリプルソールには、ベジタブルタンニン・レザーを使用。おなじみのグッドイヤーウェルト製法を用いた、よりファッショナブルなモデルだ

 そして、今年1月にパリで発表された「VERY SPECIAL ORDER」が日本でもお披露目となった。オリヴィエ・サイヤールによるオートクチュールモデル18点が、期間限定でオーダーできる。カッティングラインに沿ってマルチカラーの糸で刺しゅうが施されたモデルや、シルクスクリーンによってポエムがプリントされたモデル、1枚のレザーにプリントでステッチなどを表現したモデルなどが揃う。

画像: 「180 ワンカット・トレース シングルソール」 ¥350,000

「180 ワンカット・トレース シングルソール」 ¥350,000

画像: 1枚のブラックボックスカーフスキンから切り抜き、オリジナルモデルのステッチラインに見えるようにシルクスクリーンをあしらったトリッキーなモデル PHOTOGRAPHS: COURTESY OF J.M. WESTON

1枚のブラックボックスカーフスキンから切り抜き、オリジナルモデルのステッチラインに見えるようにシルクスクリーンをあしらったトリッキーなモデル
PHOTOGRAPHS: COURTESY OF J.M. WESTON

 オリヴィエの芸術的なセンスと職人のクラフトマンシップの融合によって生まれたベリースペシャルオーダーモデルは、東京・青山を皮切りに、全国のJ.M. WESTONの各店舗にて期間限定で受注を開始する。

ジェイエムウエストン 青山店
住所:東京都港区南青山 5-11-5 住友南青山ビル1階
営業時間:11:00〜20:00
不定休
電話: 03(5485)0306
公式サイト

 

This article is a sponsored article by
''.