「冬の森林のペンダント」ルネ・ラリック<1898年頃>

左右非対称の形と遠近法を用いた構図、さらにガラスとエナメルの氷のような色彩が、冬の森の厳かな静けさを表現するペンダントは、ラリックの連作のひとつ。繊細なテクニックで自然のたたずまいを主役に据えた詩的な冬景色には、日本の自然観の影響が感じられる
COURTESY OF VAN CLEEF & ARPELS
記事本文に戻る

FEATURE

人気記事

手しごと案内人・樺澤貴子の日本のローカルトレジャーを探す旅 生き方がスタイルになる。素敵を更新しつづけるひと 我、装う。ゆえに我あり。栗山愛以、モードの告白 京都人・天野準子の「これ、おいしいから食べよし」 パリのパティシエ 長江桂子さんにお菓子を習う 男たちのおやつ事情「おやじのおやつ」
LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Luxury

November27,2023

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.