「サロメまたはサランボー、ヴェールをまとうニンフのペンダントブローチ」ルネ・ラリック<1903~05年>

フロベールの小説『サランボー』に着想を得たと思われるペンダント。ヴェールをまとった妖精と、頭と尻尾を絡ませた2匹の蛇が、カメオガラスとプリカジュール・エナメルで表現されている。後ろから光があたると、半透明の布をまとう妖精の姿がドラマティックに浮かびあがる。「当時、脚光を浴びたダンサーのロイ・フラーの姿も彷彿とさせますね」とベッカーさん
COURTESY OF VAN CLEEF & ARPELS
記事本文に戻る

人気記事

ホテルジャーナリスト せきね きょうこ 連載「新・東京ホテル物語」 ギフトコンシェルジュがおすすめする季節の贈り物 真野知子の贈りものごよみ 男たちのおやつ事情 おやじのおやつ 入門者から上級者まで歌舞伎の世界を案内する「歌舞伎への扉」 濱 美奈子 ハーモニー占星術 Harmonic Astrology 星の動きや植物のエネルギーを活用して毎月のあなたの運勢をチューニング!

FOLLOW US

This article is a sponsored article by
''.