「サロメまたはサランボー、ヴェールをまとうニンフのペンダントブローチ」ルネ・ラリック<1903~05年>

フロベールの小説『サランボー』に着想を得たと思われるペンダント。ヴェールをまとった妖精と、頭と尻尾を絡ませた2匹の蛇が、カメオガラスとプリカジュール・エナメルで表現されている。後ろから光があたると、半透明の布をまとう妖精の姿がドラマティックに浮かびあがる。「当時、脚光を浴びたダンサーのロイ・フラーの姿も彷彿とさせますね」とベッカーさん
COURTESY OF VAN CLEEF & ARPELS
記事本文に戻る

T JAPAN LINE@友だち募集中!
おすすめ情報をお届け

友だち追加

人気記事

FEATURE

LINE@お友だち追加

LATEST ISSUE

Women's Fashion

September 27, 2022

購読申込

FOLLOW US

MEMBERSHIP

編集部から届くメールマガジン、会員限定プレゼントや特別イベントへの応募など特典が満載

新規会員登録

This article is a sponsored article by
''.